料金プラン・評判で比較するおすすめの不用品回収業者を厳選!

不用品回収業者を比較!

おすすめの不用品回収業者を徹底比較!料金・評判を元に選び方も紹介
  • 公開日:
  • 更新日:

引っ越しの際の不用品の処分や、大掃除ででたゴミの処分にお困りの方は、不用品回収業者の利用がおすすめ。即日で対応してもらえたり、大きなものの搬出を任せられたりと、非常に便利。

しかし、不用品回収業者は日本全国に多数あります。いざ利用しようと思うと、どの業者に依頼すれば良いのか迷ってしまいますよね。中には悪質業者が紛れていることもあるため、きちんとした選び方を知っておきたいところです。

また、業者が用意しているトラック積み放題などのプランも、どれを選べばよいのか分からないという方もいるでしょう。

そこで今回は、不用品回収業者のサービスの特徴や優良業者の見分け方、プランの選び方などを解説。また、都内など関東エリアで口コミ評価の高いおすすめ不用品回収業者も紹介します。

不用品回収にお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめの業者をすぐに
チェックしたい方はこちら »

不用品の回収はどんなサービス?料金やプランの特徴

不用品回収業者では粗大ゴミの回収・処分をはじめ、引っ越し時の部屋の片付けや清掃、遺品整理などの作業にも対応しています。

しかし、粗大ゴミの回収だけでみると、各自治体でも格安な費用で回収サービスを行っています。では、不用品回収業者を利用した場合とどのような違いがあり、どちらを利用するのがおすすめなのでしょうか。

自治体と回収方法と比較しながら、不用品回収業者のサービスの特徴と料金プランについて、詳しく見ていきましょう。

自治体での粗大ごみ回収との違い

粗大ゴミの回収・処分を自治体へ依頼する場合は、以下の手順が必要となります。

  • 自治体へ粗大ゴミ回収の申し込み
  • コンビニなどで必要額のシール購入
  • 処分する家具にシールを貼る
  • 指定された日時に搬出

これらの作業を全て自分で行わなければいけないため、仕事が忙しい方など時間がとれない場合は不便です。回収日時も決まっているので、今すぐ粗大ごみを処分したい、という場合には向いていません。

また、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機などのリサイクル家電は、自治体で回収・処分することが不可能

その反面、自治体の回収サービスは料金が非常に安く済むというメリットがあります。そのため、ある程度時間に余裕があって、リサイクル家電以外の粗大ごみを捨てる場合には、自治体の回収サービスを利用した方が安上がりでおすすめです。

不用品回収業者は「急ぎ」「大量」「大きすぎる」場合におすすめ

自治体の回収サービスは全て自分で作業しなければいけない・回収日を待たなければいけないというデメリットがありました。

その点、不用品回収業者であれば、最短即日で対応してもらうことが可能で、重たい粗大ごみの搬出まで任せることが可能です。不用品が大量にあっても、トラック積み放題などのプランでできる限り費用を抑えて回収してもらえることもできます。

また、自治体では回収できないリサイクル家電もまとめて依頼することが可能なので、手間をかなり省くことができるのです。

さらに、不用品の中で価値があり再利用できるものは買取を行ってくれることもあるので、場合によっては自治体の回収とあまり変わらない費用で回収してもらえることも。費用の節約には、買取サービスを利用するのがおすすめです。

不用品回収業者がおすすめな方は、引っ越しなどですぐに不用品を処分したい、自分では粗大ごみを搬出しきれないという方などです。多少お金がかかっても、自分でやるより圧倒的に早く、手間をかけずに処分できますよ。

プランはどれを選ぶべき?単品回収と積み放題パックの選び方

不用品回収業者では、主に1点から回収を行う単品回収と、トラック積み放題ができる定額プランの2種類のサービスがあります。

単品回収の場合は回収する品目に応じて料金が定められており、料金相場は1つにつき数百円~数千円程度。リサイクル家電や大型家具を2~3点回収してもらいたい場合には、不用品回収業者の単品回収がおすすめです。

一方、積み放題パックの場合は、軽トラックや1.5tトラックに収まる量ならどれだけ依頼しても料金が変わらないのが特徴。回収してもらいたい不用品の数が多い場合には、積み放題パックがお得です。

積み放題パックの積載量の目安

積み放題プランは、不用品回収業者のホームページに料金目安が書いてあることが多いですが、自分はどのプランを選べば良いのかわかりにくいのが正直なところでしょう。

基本的に、問い合わせをして見積もりをもらう際に自分の不用品の量を説明すれば「それくらいの量ならこのプランでいくらくらいです」といった形で業者側から提示してくれるため、どのプランを選べばよいのか悩む必要はあまりありません。

しかし、問い合わせ前に自分で費用感を把握するためにも、ある程度プランの選び方を知っておくと便利です。あくまで目安にはなりますが、トラックの種類に応じて下記のような量を積むことができます。

トラックの種類不用品回収量の目安体積
軽トラック1R~1Kの
片付け程度
1.5m~2.5㎥
1.5tトラック1K~1DKの
片付け程度
4㎡~5㎡
2tトラック2DK~2LDKの
片付け程度
7.0㎥

軽トラックで積めるものの例

一人暮らしの部屋におすすめ。引っ越しの際に出た不用品をまとめて片付けられるようなイメージ。

冷蔵庫、洗濯機、テーブル、椅子、布団、衣装ケース×3などをまとめて積める程度。

1.5トントラックで積めるものの例

2人暮らしの部屋におすすめ。引越しで出た不用品をまとめて片付けられるイメージ。

ダブルベッド1台、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、テレビ台、電子レンジ、洋服タンス、テーブル、ソファなどをまとめて積める程度。

2トントラックで積めるものの例

2人暮らし~ファミリーにおすすめ。大きめの家具などをまとめて片付けられるイメージ。

ダブルベッド1台、大きめのタンス、大きめの食器棚、3人掛けソファー、洗濯機、ファミリーサイズの冷蔵庫、テーブル、大型テレビなどをまとめて積める程度。

2トントラック以上になると、3LDK以上のマンション・一軒家から家族で引っ越す際に家中の不用品を捨てたり、ゴミ屋敷になってしまった家をまるごときれいにするなどの場合に利用するような大きさになります。

こちらで紹介したのはあくまで一般的な目安なので、参考程度にご覧ください。各不用品回収業者が所有しているトラックの形状などによっても積める量が異なります。

どのプランを選べば良いかは、業者に問い合わせをした際に自分の状況を説明して最適なプランを提示してもらって決めることをおすすめします

不用品回収業者では処分できないごみがある場合も

不用品回収業者では粗大ゴミをはじめほとんどの不用品を回収・処分することができます。

しかし、以下のようなものは不用品回収業者であっても回収することができないので、注意しましょう。

  • 生ゴミ
  • 生き物
  • 医療器具
  • 危険物
  • 窃盗品

食品や飲み物などから出た生ゴミは多くの不用品回収業者で断られます。

そのため、部屋がゴミ屋敷状態になっているようなケースでは、不用品回収に加えて清掃業務も行っているゴミ屋敷片付け業者の利用がおすすめです。

また、注射器や点滴などの医療器具、また銃火器や爆弾などの危険物も対象外であることがほとんど。

その他、オフィスや店舗から出る事業ゴミについても、業者によって対応が異なります。事業ゴミの回収・処分も受け付けている業者を探して依頼するようにしましょう。

悪徳業者に注意!無料や格安という言葉に騙されないように

不用品回収・処分を行う業者の中には、高額請求や不法投棄を行う悪質業者が紛れ込んでいます。

ここからは、悪質業者を見極めて優良業者へ依頼するためのポイントをチェックしていきましょう。

無料・格安という言葉には注意

不用品回収の広告などで「無料で回収対応」といった宣伝をしている業者には注意が必要。

はじめは無料と言っておいて、不用品を詰め込んだあとから高額な費用を請求してくるというトラブルは非常に多いです。こういった場合、積んだ荷物を下ろすにもお金がかかるため結局支払わざるを得ないという事態になりかねません

安い料金はたしかに魅力的ですが、相場の料金と比較してあまりに安いところや、理由もなく無料だと言っている不用品回収業者は悪質な可能性が高いので、おすすめしません。

行政からきちんとした許可を得ているか

通常、不用品回収業者が家庭ごみを回収・処分する際は、「一般廃棄物処理業許可」と呼ばれる自治体からの許可が必要です。

この許可を得ていない業者は違法となり、このような違法業者に不用品の処分を依頼すると、法に基づいた処分をしてもらえない可能性もあります。また、違法業者を利用した場合は利用者側にも責任を求められる危険も

このようなリスクを避けるためには、不用品回収業者がきちんと許可を得ていることを確認してから依頼することをおすすめします。

見積もりの内容がはっきりしているか

悪質な不用品回収業者とのトラブルで最も多いのは、料金に関するトラブル。リスクを避けるためには、見積もりの時点でしっかり確認することがおすすめです。

優良業者であれば、見積もりは無料ですし、両者が納得して契約した後に追加料金がかかることは基本的にありません

作業前に現地で見積もりをしてもらった際、その内訳をしっかり確認し、契約後には追加料金が発生しないことまできちんと確認しましょう。

見積もりの時点で内訳があいまいになっていたり、質問に答えてもらえなかったりする場合は、高額請求を企む悪質業者の可能性が高いです。このような業者はおすすめできないので、契約をする前に断りましょう。

安心・安全に対応してくれる業者の選び方

ここからは、優良な不用品回収業者を見分けるためのおすすめの選び方を紹介していきます。

地域密着型の不用品回収業者は、チラシやアナウンスで宣伝していることもありますが、それだけで判断せずホームページ・WEBサイトを調べることがおすすめです。

その際にチェックすべきは、下記の点です。

  • 不用品回収にかかる料金・プラン
  • 無料見積もりの有無
  • 会社・スタッフが所有している資格
  • 事業所の所在地や連絡先

不用品回収にかかる料金・プラン

不用品回収の細かい料金は不要となった家具・家電の品目などによって異なるため、基本的には見積もりをするまで正確な費用がわかりません。

しかし、ホームページ上で提示されている料金プランが他の業者と比較してあまりにも安い場合には、後から追加料金などを請求される場合もあるため、あまりおすすめできません。

自分で納得できない料金設定になっている場合には、利用を避けるのがおすすめです。

無料見積もりの有無

不用品回収業者の多くは、電話・メールから無料で見積もりをしてくれます。中には現地まで訪問して無料で見積もりをしてくれる業者もあります。

しかし、中には「電話での見積もりは受け付けておらず、現地見積もりのみで有料対応」という業者も。このような業者とは料金トラブルになりやすいため、無料で見積もりをしてくれる業者を選ぶことがおすすめです。

会社やスタッフが所有している資格、所在地

その他、不用品回収・処分を行ううえで必要な資格を持っていることや、運営会社の所在地なども確認しましょう。

悪質な業者は、所在地を知られたくないためにホームページに載せていないというケースもあるため、念の為に確認しておくと良いでしょう。

おすすめの不用品回収業者を紹介

ここまで、自分に適したプランや優良な不用品回収業者の選び方を解説してきました。

深く考えずに契約してしまうと思わぬトラブルにつながる可能性があるので、事前にしっかりと情報を確認することが重要です。

当サイトでは、皆さんの不用品回収業者選びの参考にしていただけるように、おすすめの優良な不用品回収業者をランキング形式でまとめています。

口コミで人気の高い業者を厳選して比較しているので、不用品回収にお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

おすすめの不用品回収業者
紹介ページはこちら »

関連記事