不用品回収業社エコゾーのサービスや口コミの評判とは

業者詳細

不用品回収業社エコゾーの口コミや評判。トラック積み放題プランがお得?
  • 公開日:
  • 更新日:

エコゾーは関東エリアの不用品回収やゴミ処理を行ってくれるいわゆる、不用品回収業社です。

部屋を片付けたり、引越しの際に便利な不用品回収業社ですが、頼む機会はなかなかないだけに選び方のポイントなどが難しかったりしますよね。

今回は不用品回収業社エコゾーのサービス内容や口コミ、評判をチェックして見ましたので、これからエコゾーに見積もりをしようかなとお考えの方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

不用品回収業社エコゾーとは。利用前に知りたいサービス内容を解説

エコゾーは東京を中心としたエリアの不用品回収やゴミの処分をしてくれる不用品回収業社です。

引っ越しや部屋を一気に片付けたい時に依頼すると便利です。

エコゾーの最大の特徴は以下の3つ

  1. 定額トラック詰め放題プランがある
  2. 24時間営業なので当日なども不用品回収してくれる
  3. 年間1500件と不用品回収の実績が豊富

それぞれの特徴をもう少し詳しくみていきましょう。

定額トラック詰め放題の料金プランがある

不用品回収業社と契約する際に気になるのはやはり料金のこと。

エコゾーは定額トラック詰め放題プランを設定しているので料金がわかりやすいです。

料金は以下の3つが用意されていますが、その他にも状況や要望に合わせて無料で見積もりをしてくれるようです。

プラン名料金
軽トラパック18,000円
1.5tトラックパック39,800円
2.0tトラックパック49,800円

エコゾーはパック料金なので回収費・車両費・輸送費など全て含まれている料金となります。

部屋の一部だけ、少量の不用品回収であれば軽トラパック、一部屋丸々のゴミ処分や不用品回収に対応してもらいたい場合は1.5tトラックパックが良いでしょう。

24時間営業なので当日なども不用品回収してくれる

エコゾーは365日24時間営業ですので、急な依頼にも対応してくれます。

事業所に近い場所などであれば最短20分で駆けつけてくれるんだそう。

年間1500件と不用品回収の対応実績が豊富

どうしても不用品回収業社は年に何回も相談や見積もりをすることにはならないので、信頼性の高い業者にお願いしたいと言うのが皆さんの本音ではないでしょうか。

エコゾーは不用品回収やゴミ処分の受注が年間1500件と実績が豊富です。

トラブルにならないために。エコゾーの気になる評判や口コミを調査

不用品回収業者を選ぶにあたり、チェックしたいのが評判や口コミですよね。

今回はWebサイトやSNSを中心に不用品回収業社エコゾーの評判や口コミを調べてみました。

不用品回収業社エコゾーの良い口コミ

かなりの量のゴミと大きな家具もあったので、事前に見に来てもらって1.5tトラックパックをすすめられました。少し高いかなと思ったのですが、調べてみたら個別で出すと倍以上かかるようだったので、安いプランを提案してくれて良心的だと思いました。実際の作業もパパっとすすんで30分弱であっという間に終了。プロの技術を見た気がしました。ー34歳・男性・東京都稲城市

義理の母が施設に入ることになり、家の片付けが必要になりました。「おかあさん、私がやりますよ」と言っても、身内だけど嫁は嫌だと言われ、業者に入ってもらうことで納得してもらいました。当日は一緒に立ち会ったのですが、テキパキと動く若いスタッフを見て母も指示を送っていました。私がやったらきっと「それは持って行っちゃダメ」なんて言葉が出ていたんでしょうね。エコゾーさんのおかげで無事片付けを済ませることができました。感謝です。ー46歳・女性・東京都町田市

不用品回収業社エコゾーの悪い口コミ

約束した時間には来ないで、来たのは1時間半後。追加料金無しって言いながら、2倍3倍の料金がかかると。断るとキャンセル料15000円払わないと帰らせない。キャンセル料の説明はしているはずだと言い張るが、そんな説明もなかったことを言うと、聞かれなければ言う必要がない、だって。低能過ぎて哀れ。支払いをするまでに消費者相談と警察を呼んでください。

電話で言っていた金額ではおさまらない。追加させようとする。倉庫の不用品を持って行ってもらったが、しまっていたはずの窓は開けっぱなし、ドアも開けっぱなしで帰られました。二度と頼まないと思います。

口コミや評判は全て真に受けるわけにはいかないですが、エコゾーに関しては良い口コミと悪い口コミがはっきりと極端に別れました。

「素早く不用品を回収してくれたと」「思ったより安く済んだ」という口コミがある一方、「追加費用を請求された」「対応が悪かった」などの声もあります。

不用品回収は当日の最終見積もりが希望する金額と開きがある場合は片付け前に断っても問題ありません。

不用品回収業社とのトラブルを避けるためには、電話などの事前見積もりの際にできるだけ詳細な情報を相手に伝える、追加費用がない、キャンセル費用がかからないということを窓口の人にしつこいくらい確認しておくのが良いでしょう。

不用品回収と自治体によるゴミ処理、どちらを選ぶべき?

不用品回収の中でも粗大ゴミや家電などを処分する際にはお住まいの地方自治体に依頼して処分してもらうことも可能。

地方自治体によって処分方法や費用は異なります。

今回は二人がけのソファーを地方自治体に処分依頼した場合の費用をいくつか調べてみました。

地方自治体にソファー(2人以上用)を処分依頼した場合の費用

自治体名料金
江東区2,000円
板橋区2,000円
さいたま市2,200円
横浜市1,000円

エコゾーに2人がけ以上のソファーの処分を依頼した場合、軽トラパックに相当するので、18,000円必要ですが、市区町村に依頼した場合は1,000円〜2,200円で済みます。

料金だけ見るとかなり差がありますので、不用品回収業者に頼む必要がないのではないか、とお思いだと思いますが、実はそうではありません。

条件によっては不用品回収業者に依頼した方が良い場合もたくさんあります。その理由を見ていきましょう。

業者と地方自治体の使い分け

エコゾーのような不用品回収業社に依頼した方が良い場合と地方自治体に対応してもらうのは実は、ケースによって使い分けをするのが良いでしょう。

不用品回収業社と地方自治体の特徴を比較してみました。

不用品回収業社と地方自治体の特徴を比較

エコゾーなど不用品回収業者自治体による粗大ゴミ処分
対応のスピード早い。当日も可能な場合がある最短でも数日は必要
処分の際の手間自宅まで取りに来てくれ、搬出もしてくれる自宅前まで自分で搬出する必要がある
料金・費用量が多ければ多いほど割安に業者に依頼するより割安
買取の有無エコゾーは不可(買取してくれる業者もあり)不可
パソコンや白物家電の処分処分可能処分不可。別々に処分しなくてはいけない

このようにエコゾーなどの不用品回収業社と地方自治体のサービスの特徴は大きく異なります。

不用品回収業者に相談・依頼した方が良いケースは以下の通り。

  • なるべく早く処分したい
  • 搬出が難しい粗大ゴミなどがある
  • 分別の手間を省きたい

地方自治体に粗大ゴミとして処分してもらいたい場合はタイミングが悪いと数日かかる場合があります。

また自宅の前まで粗大ゴミを搬出しなくてはいけないのもネック。大型の粗大ゴミだと人手も時間のかかる上に、搬出の際に室内や建物の外壁にダメージを与えてしまうなどがあると余計な出費に。

そういった意味では高齢者の方や女性の方のみでお住まいの場合もエコゾーなどの不用品回収業社を利用した方が良い場合が多いでしょう。

パソコンや白物家電の一部(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機)は粗大ゴミとして出せませんので、地方自治体が定めている所定の手続きを踏まなくてはいけません。

パソコンは「資源有効利用促進法」に基づきPCリサイクルに。エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機は「家電リサイクル法」に基づき販売店などを通じて回収が必要です。

エコゾーなどの不用品回収業社であればこれら分別する必要はありませんので非常に楽です。

不用品回収業社エコゾーに関する情報まとめ。

いかがだったでしょうか、今回は関東エリアの不用品回収に対応してくれるエコゾーについて、サービスや口コミなどの評判をピックアップしてご紹介してきました。

エコゾーだけでなくどの不用品回収業者にも言えることですが、地方自治体と不用品回収業社、それぞれを使い分けること。

また当日予算オーバーになっても慌てないように引越しや片付けのリミットギリギリに依頼するのではなく、余裕を持って依頼するのがトラブルにならないコツと言えるでしょう。

さら電話や問い合わせで相談や見積もりをする場合にはできるだけ詳細な情報を相手に伝えておく、キャンセルや追加費用がないことを確認しておくのをおすすめします。

エコゾーに依頼・見積もり・予約する際の流れ

では最後にエコゾーに依頼する場合の流れをご紹介しておきます。

エコゾーに依頼する方法は非常にシンプルです。

  1. 引越しや片付けの前に余裕を持ってメールか電話で無料相談をする
  2. 内容に基づき見積もりを受ける
  3. 当日、作業をしてもらう
  4. 作業終了後、支払い(クレジットカード払いも可)
関連記事