不用品回収に必要な費用の相場を解説

不用品回収の基礎知識

気になる不用品回収の相場はいくら?料金目安と処分費用を抑えるコツ
  • 公開日:
  • 更新日:

不用品回収サービスは、全国各地の自治体や不用品回収業者などで利用できます。

一般的な家庭ゴミ回収・処分だけでなく、大型の家電・家具の回収や大量のゴミの処分もできる不用品回収サービスですが、どこに依頼するか迷う人も多いです。

そこで今回は、不用品回収サービスの料金相場を依頼先別に紹介します。自治体と不用品回収業者のメリット・デメリットの比較もするので、ゴミ処分の依頼先を決定できない人は必見の内容です。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 不用品回収サービスの料金相場が気になる人
  • 自治体と専門業者のどちらの不用品回収サービスを利用するか迷っている人
  • 相場よりも不用品回収の費用を抑えたい人

不用品回収業者の料金相場

不用品回収業者によってサービスの料金は異なりますが、金額の目安になる相場を紹介します。

不用品回収サービスにかかる料金は、大きく次の2つのプランに分けられます。

  1. パック料金(トラック積み放題プランなど)
  2. 品目別料金

他にも、独自の回収・処分プランを用意している不用品回収業者もありますが、今回は上記2つのプランの料金相場を見ていきます。

まずは、トラック積み放題プランなどのパック料金の相場をチェックしましょう。品目別料金の相場は、次の見出しの「品目・アイテム別で料金が変わることはある?」で詳しく解説します。

不用品回収のパック料金の相場

不用品回収業者の中には、料金定額でトラックに積み放題のパックを提供するところがあります。積み放題のパックの料金は、トラックが大きくなればなるほど費用が高くなるのが特徴です。

トラックの大きさごとに積み放題のパック料金をまとめると、次の表の通りです。

トラックの大きさ回収可能な
間取りの目安
パックの料金相場
軽トラック1K~1DK8,000円~15,000円
1tトラック1LDK~2K20,000円~30,000円
2tトラック2DK~2LDK50,000円~60,000円
4tトラック3DK~4LDK100,000円~

表中の料金は、あくまでも相場なので不用品回収業者のパックプランの内容によって金額に違いがあることを忘れないでください。

品目・アイテム別で料金が変わることはある?

業者の不用品回収サービスはパックプランだけでなく、品目・アイテム別の処分にも対応しています。

この場合は品目別に料金相場が異なるので、利用する不用品回収業者の設定料金を確認することが大切です。

不用品回収業者に回収を依頼できる主な家具・家電の品目別の料金相場は、次の表の通りです。

一般家具・家電

不用品回収の品目品目別の料金相場
ソファー(1人用)1,000円~3,000円
ソファー(大型)2,000円~5,000円
ベッド3,000円~5,000円
タンス2,000円~5,000円
デスクトップパソコン1,000円~3,000円
ノートパソコン500円~1,000円

リサイクル家電

不用品回収の品目品目別の料金相場
液晶テレビ2,500円~4,000円
ブラウン管テレビ2,000円~5,000円
冷蔵庫3,000円~5,000円
洗濯機3,000円~6,000円
エアコン2,000円~4,000円

自治体の回収サービスと業者はどちらを使う方がおすすめ?

不用品回収サービスは専門業者だけでなく、全国各地の自治体でも提供されています。

同じ不用品回収サービスではありますが、それぞれのメリット・デメリットが異なります。また、利用をおすすめする人の特徴も違うのです。

そこで今回は、自治体と専門業者の不用品回収サービスのメリット・デメリットと利用をおすすめする人を分けて紹介します。

自治体のサービスのポイント

自治体の不用品回収のメリット

自治体の不用品回収サービスを利用するメリットは次の通りです。

  • 業者の相場料金よりも安く処分できる
  • 行政が運営しているサービスなので安全性が高い

自治体のサービスを利用すれば、相場料金よりも安く家電・家具・粗大ゴミの処分ができるメリットがあります。

また、回収物を不法投棄される心配をしなくていいので、安心して不用品回収サービスを利用できるのが特徴です。

自治体の不用品回収のデメリット

自治体の不用品回収サービスを利用すると、次のようなデメリットがあります。

  • 自治体の回収に合わせてゴミを出す必要がある
  • 自分で処分・分別方法を確認しなければいけない
  • 部屋から自力でゴミを搬出する手間がかかる

自治体の不用品回収サービスは決められたルールに沿ってゴミを出さなくてはいけないため、きちんと方法を回収する必要があります。

処分方法が間違っていると、不用品回収をしてもらえないことがあるので注意が必要です。

また、自治体で決められた回収場所までゴミを持っていかなければいけません。そのため、大きな家具・家電を処分したい場合や大量のゴミがある場合は、自治体の不用品回収サービスの利用は不向きと言えます。

自治体の不用品回収がおすすめの人

自治体の不用品回収サービスの利用が適しているのは、次のような人です。

  • ゴミを持ち運べる体力がある人
  • ゴミの運び出しに必要な人数を集められる人
  • 不用品処分に時間をかけられる人
  • 不用品回収業者の相場料金よりも費用を抑えたい人

不用品回収業者のサービスのポイント

不用品回収業者のメリット

不用品回収業者を利用すると、次のようなメリットがあります。

  • 部屋から運び出しをする手間が省ける
  • 最短即日回収・処分ができる
  • 自分の予定に合わせて不用品回収をしてもらえる
  • 部屋の掃除やゴミの分別をしなくていい
  • 不用品回収だけでなく、買取サービスに対応していることがある

不用品回収業者は自分で作業をしなくていいので、不用品回収に時間がかかりません。不用品回収業者によっては最短即日で作業が終了します。

また、買取サービスに対応している不用品回収業者に依頼すれば、相場よりも料金を安く抑えられる可能性があります。

比較的新しい家具や家電がある場合は、自治体の不用品回収サービスの相場料金よりもお得になることがあるので、一度不用品回収業者で見積もりを出してもらうといいでしょう。

不用品回収業者のデメリット

自治体の不用品回収サービスにはない、不用品回収業者のデメリットは次の通りです。

  • 基本的には自治体の料金相場よりも費用がかかる
  • 悪質な業者を見抜かなければいけない

不用品回収業者を利用すると、自治体の料金相場よりも回収にかかる値段が高くなるケースが多いです。

また、不用品回収業者の中には悪質なサービスを提供する会社があるので、依頼前にしっかり見極める必要があります。不用品回収業者に相場料金と大きくかけ離れた値段をつけられてぼったくられたというトラブルが多発しているので注意が必要です。

悪質な業者を見抜くための方法は、次の「不用品回収業者を選ぶときのポイントと注意点」で詳しく解説するので合わせてチェックしてください。

不用品回収業者の利用がおすすめの人

自治体の不用品回収サービスではなく、業者に依頼した方がいい人の特徴は次の通りです。

  • 急ぎの引越しなどのために不用品回収サービスを利用する人
  • 一人暮らしの人
  • 買取可能な家具や家電がある人
  • 自分で処理できない大型のゴミがある人

解説!不用品回収業者を選ぶときのポイントと注意点

不用品回収を依頼する業者を選ぶときは、次のような点を意識することが大切です。

  • 不用品回収の許可を取っているかホームページで確認する
  • 「無料回収」に騙されずに、サービスの内容を細かくチェックする
  • 事前見積もりを出してもらう
  • 見積もり書の項目内訳を確認する
  • 相場料金と値段を比較する
  • 不用品回収業者の口コミをチェックする

悪質な業者は不用品回収に必要な許可や免許を取っていない可能性があります。

ホームページや業者の広告でチェックできるので、見積もりを依頼する前に確認することをおすすめします。

不用品回収に必要な許可や免許は、次の通りです。

  • 古物商許可
  • 一般産廃物収集運搬業許可

相場料金よりも値段を安く抑えたい気持ちは分かりますが、「無料回収」という言葉を安易に信じるのはおすすめできません

見積もり書を出してもらって相場料金と比較したり、口コミをチェックしたりして依頼する不用品回収業者を選ぶことが大切です。

不用品・粗大ごみの回収費用を抑えるコツ

家具や家電などの不用品、粗大ごみの回収費用をできるだけ安く抑えたい場合は、次のコツをチェックすることをおすすめします。

  • 自分で処分できるものは事前に片付け・分別しておく
  • 買取サービスに対応している不用品回収業者を選ぶ
  • オプション料金がかかる条件を確認する
  • いくつかの不用品回収業者で見積もりを出して比較する
  • 値引き交渉をする方法もある

自分で処分できるものは事前に片付け・分別しておく

清掃にかかった時間やゴミの処分・分別量などを基準に不用品回収サービスの値段を決定している業者も多いです。

したがって無理のない範囲で、不用品回収業者が作業する前に片付けやゴミの分別をしておくと相場料金よりも安くなる可能性があります。

買取サービスに対応している不用品回収業者を選ぶ

すべての不用品回収業者が対応しているわけではありませんが、買取サービスを利用できる業者も多いです。

不用品回収に出す家具や家電の中にまだ使用できるものがあれば、回収料金から買取金額を値引きしてもらえます。

不用品回収に出すものによっては、買取サービスを賢く利用することで相場料金よりも安く回収・処分できるので検討してみてください。

オプション料金がかかる条件を確認する

不用品回収サービスを利用する時間帯や作業内容によっては、オプション料金が発生します。

不用品回収をするために必ず発生するオプション料金もありますが、料金が発生する条件を確認しておけば料金を相場よりも安く抑えられることもあります。

依頼する不用品回収業者によってオプション料金の内容や条件は異なりますが、主な種類と料金相場は次の通りです。

オプション内容オプション料金の相場
作業員の追加1人あたり5,000円
解体作業1品あたり1,000円
時間外の回収料金総額の20%
部屋のドア外し作業1か所1,000円

いくつかの不用品回収業者で見積もりを出して比較する

不用品回収にある程度の時間をかけられるなら、複数社で見積もりを出してもらいましょう。

複数の見積もり書があれば、不用品回収にかかる料金相場が分かってきます。それぞれの見積もり書を比較することで、相場よりも料金を安く抑えられる可能性があるのでおすすめです。

値引き交渉をする方法もある

不用品回収サービスの料金は業者によって異なるので、相場観が分かれば値引き交渉がしやすくなります。

他社の見積もり書を上手く使って値引き交渉をすれば、相場料金よりも安く不用品回収サービスを利用できる可能性があります。

不用品を回収するのにかかる料金相場のまとめ

不用品回収サービスの料金相場は、依頼先によって異なります。今回は自治体と不用品回収業者の料金相場を詳しく紹介しましたが、サカイ引っ越しセンターなどの引っ越し業者でも不用品回収サービスを提供しています。

今回紹介した内容を参考に、不用品回収サービスの料金相場よりも安くゴミを処分してみてください。

関連記事