疑問を解決!不用品回収業者は引越しの際にも活用できる?

不用品回収業者の活用法

引っ越し時の不用品回収はどうする?簡単に頼める処分方法と費用を解説
  • 公開日:
  • 更新日:

引っ越しのために荷物を整理していると、いらない家具や家電、粗大ごみが出てきます。しかし、引っ越しの荷造りと同時に不用品回収の方法を調べるのはなかなか大変です。

こうした場合に利用をおすすめしたいのが、不用品回収業者

不用品回収業者は家電や家具、粗大ゴミを処分してくれるだけでなく、場合によっては買取にも対応。また、業者によっては引っ越し作業にも対応してくれることがあるのです。

今回は、引っ越し作業と不用品回収にかかる料金の相場や、不用品回収業者に依頼するメリットなどを解説。

引っ越しを控えている方は参考にしてみてください。

不用品回収まで対応してくれる引っ越し業者は少ない

引っ越しの際には、家電や家具、粗大ゴミなどが大量に出ることが多いですよね。

できることなら、引っ越し作業と一緒に不用品も回収してもらいたいもの。しかし、不用品回収も一気に引き受けてくれる引越し会社は少ないのが現実です。

例として、引っ越し業者の大手6社の不用品回収対応可否を表にまとめてみました。

引っ越し業者不用品回収の可否対応
日本通運
(事前連絡が必要)
一般的な家庭ごみの回収は不可
アーク引越センター一部の回収のみ可リサイクル家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機)のみ有料で回収
サカイ引越センター一部の買取のみ可
(買取できないものの回収は不可)
生活家電やアウトドア用品、スポーツ用品などの買取対応あり。しかし、大型の家具や購入から5年以上たった家電などは買取不可。
ヤマト一部の買取のみ可
(買取できないものの回収は不可)
製造6年以内の家具・家電の買取対応あり。しかし、製造から6年をこすものや、布団やこたつ、パソコンなどは買取不可。
アリさんマークの引越し社外部の不用品回収業者を紹介
アート引越センター不可

このように、大手6社の引っ越し業者を見てみると、一部の買取のみ可というものが多いですね。

そもそも、不用品の回収や処分には専用の許可が必要。許可の取得には費用がかかる上、各エリアで決められた方法で処分する必要があり、手間が非常にかかります。そういった理由があって、不用品の回収まで対応している引っ越し業者が少ないのです。

また、外部の不用品回収業者を紹介される場合、仲介手数料などを加えた費用が依頼側に請求されるため、結果として不用品回収費用が高くなってしまう可能性もあります。

では、どうすれば不用品処分引っ越し作業を低予算で行うことができるのか?

それは、引っ越し作業も対応してくれる不用品回収業者に依頼をすることがおすすめです。

不用品回収業者は引っ越し作業に対応していることが多い

不用品回収業者は不用品の回収や買取を専門としている業者ですが、実はその他に様々なサービスを行っていることがあります。

  • 引っ越し作業の代行
  • 遺品整理
  • エアコンの掃除 など

いわゆる「便利屋」のようなかたちでこういった作業をしてくれる不用品回収業者は少なくありません。

特に引っ越し作業については、不用品回収で家具・家電の搬出になれており、運搬用の大きなトラックも所持しているということから、サービスとして展開している不用品回収業者は多くあります。

「引っ越しプラン」などと引越し専用のお得なプランを用意している業者も珍しくなく、不用品回収から引っ越し作業までお手軽価格で依頼することができるのです

不用品回収業者では、ほぼ全てのものを回収してもらえる

引っ越し時に不用品回収業者を利用する場合、料金面以外のメリットもあります。

それは、不用品回収業者では家の中にあるほぼ全てのものを回収してもらえるという点

不用品回収業者は、可燃ごみや不燃ごみとして捨てるような一般ごみから、家具・家電まで何でも回収してくれます。自治体の粗大ごみ回収サービスでは対象外となるリサイクル家電(洗濯機、冷蔵庫、テレビ、エアコン)や、パソコンも回収の対象。

生ゴミや危険物など、一部どうしても対応していないものもありますが、一般家庭内にあるものであればほとんど対応してもらえます。

不用品として持っていってもらえないということがないため、引っ越し時の作業を一度にすべて終わらせることができますよ

不用品回収と引っ越し作業を依頼する際の費用相場は?

不用品回収業者に不用品の回収と引っ越し作業を依頼する場合、基本的には見積もりに応じて料金が決定されます。

というのも、部屋にある家具・家電の数や大きさ、搬出にかかる手間、人件費、引っ越し時の移動距離などに基づいて作業費が決められるため。

依頼者の状況がわからなければ、料金を事前に提示することはできません。ただし、最低限の目安として、不用品回収業者が提示しているプランの金額を参考にすることはできます。

不用品回収業者では、トラック積み放題プランなど、トラックに不用品を積むだけ積んでいくらといった料金形態で目安金額を出しているところが多くあります。

あくまで「不用品回収のみの場合の料金」なので、引っ越し作業まで加わるともっと高くなることは当然ですが、底値の費用感を掴むために参考としてみてください。

不用品回収のみの積み放題の相場

トラックの大きさ回収可能な間取りの目安パックの料金相場
軽トラック1K~1DK12,000円~20,000円
1tトラック1LDK~2K25,000円~35,000円
2tトラック2DK~2LDK50,000円~60,000円
4tトラック3DK~4LDK100,000円~

引っ越しに伴う車の移動距離や、積んだものを引越し先でまた下ろして運び直す手間などを考えると、回収のみの費用の2倍ほどは見ておいた方が良いでしょう。

詳しい引っ越し料金は、引っ越し作業に対応している不用品回収業者に必ず見積もりをとって確認するようにしてください。

なるべく費用を抑えるなら自治体の粗大ごみ回収で処分

引っ越し作業不用品回収も一度に終わらせたいけれど、なるべく費用は抑えたい。そういう方も多いかと思います。

そんなときには、不用品の処分を自分のできる範囲で終わらせておくのがおすすめです。

特に、自治体で行っている粗大ごみの回収サービスを利用すれば、非常に安い金額で家具や家電を処分することができますよ。

ここでは、例として東京都中央区の粗大ごみ回収サービスの利用料金の相場を紹介します。
東京都中央区の粗大ごみ回収サービスの利用料金

品目料金
シングルベッド1,200円
ベッドマット(シングル)800円
こたつ800円
こたつ板200円
敷物(一畳以上)600円
電子レンジ400円
本棚
(高さ・幅の合計180~225cm)
1,200円

このように、1品あたりかなり手頃な金額で処分することが可能。

なるべく業者依頼の費用を減らしたい場合には、手間がかかるものの大型のものだけでも先に自分で処分をしておくと良いでしょう。

自治体の粗大ごみ回収サービスの注意点

自治体の粗大ごみ回収サービスを利用する際には、下記の注意点があります。

  • リサイクル家電(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機)、パソコンは回収不可
  • 回収日が決まっており、1~3週間待たなくてはいけないこともある

自治体の粗大ごみ回収では、家電リサイクル法の対象となるテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機は回収できません。また、パソコンも回収対象外の品目です。

さらに、粗大ごみ回収の日にちが月に何回と決まっている自治体が多く、予約がいっぱいの場合には3週間ほど待たなくてはいけないことも多いです。

引っ越し直前に粗大ゴミ回収を頼んでも、間に合わないということは十分あり得るため、早めに確認しましょう。

まとめ:引越しは回収業者にまとめて依頼がおすすめ

今回説明してきたように、引っ越し業者では不用品の回収を対応してくれることはあまりありません

引っ越し作業不用品回収を一気に終わらせるなら、引っ越しまで対応した不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

発生する費用は、家具・家電の数や家の状況、引っ越し先までの距離などによって変わるため、必ず見積もりをとるようにしましょう。

なるべく費用を抑えるには、大きな不用品は自治体の粗大ごみ回収サービスなどを利用して事前に処分しておくと安く済むことがあります。ただし、自治体では回収不可のものや回収日の指定などがあるため、余裕を持って作業を行うと良いです。

当サイトでは、引っ越し作業にも対応している不用品回収業者を紹介しています。もし業者選びに迷っている方は、参考にしてみてください。

引っ越し作業に対応した業者をチェック »

関連記事