簡単に洋服を処分する方法とは

アイテム別の不用品処分方法

洋服を処分する方法~不用品回収業者・自治体への依頼~
  • 公開日:
  • 更新日:

小さな子供がいる人や洋服を集めるのが趣味の人の中には、洋服の処分方法がわからずに困っている人もいるでしょう。「ごみ袋に詰めて自治体の一般ゴミを回収に出していいものか」と頭を悩ませている人もいるかもしれません。

このページでは、着なくなった洋服の処分方法を紹介します。簡単に利用できる自治体のごみ回収サービスや、処分量が多い際に便利な不用品回収業者、またリサイクル買取サービスについてもチェックできます

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • いらない服の処分方法が分からない人
  • 着なくなった服が大量にある人
  • 服を捨てるなら洋服のリサイクル買取を利用したいと考えている人

自治体で洋服を処分する場合は可燃ごみで出す

不要な洋服は、自治体のゴミ回収サービスで燃えるゴミとして処分できます。一般ごみとして処分できるため、不用品回収時に料金を支払う必要はありません。自治体のゴミの処分ルールに従っていらない衣類をまとめ、燃えるゴミの日に回収場所へ捨てましょう。

ただし、自治体によっては衣料を燃えるごみではなく、燃えないごみや資源ごみなどとして扱う場合もあります。また、リサイクルして再利用できるように、特定の施設に持ち込むように案内されている自治体もあるため、注意が必要です。

自治体のゴミ回収サービスを利用して衣類を処分する場合は、ネットで自治体のサイトをチェックしたり、電話で問い合わせをしたりして事前に回収方法を確認しておくと安心です。

大量にある場合は不用品回収業者に依頼がおすすめ

子供の衣類が大量にある場合は、不用品回収業者を利用して処分する方法がおすすめです。

いらない衣類をまとめたゴミ袋が複数個におよぶと、家からゴミ捨て場所に持っていくのも大変です。不要な洋服はある程度の量になると重量も出てくるので、搬出から処分までまとめてお願いできる不用品回収業者に依頼すると簡単にすみます。

処分にかかる料金は依頼する不用品回収業者や洋服の量などによって異なりますが、相場は3,000~5,000円程度になっています。不用品回収業者の多くが無料見積もりに対応しているので、一度相談してしてみるといいでしょう。

訪問回収以外にも、宅配回収サービスに対応している不用品回収業者もあるので合わせて検討してみてください。

衣類を高額リサイクル買取してもらうコツ

いらなくなった洋服を不用品回収業者に回収してもらう時には、リサイクル買取をしてもらえることもあります。ただし、洋服の買い取りをしているかどうかは業者によって異なるため、確認が必要です。

洋服の買取に対応している業者の場合は、ちょっとしたコツを押さえるだけで高額買取してもらえます。いずれも簡単なポイントなので、この機会にチェックしておきましょう。

  • できる限り自分で洋服の汚れを落とす
  • 新品に近い状態の洋服を不用品回収に出す
  • 不要な洋服をまとめてリサイクル買取業者に渡す
  • 洋服の着用シーズンを狙う
  • ベルトやタグなどの付属品も合わせて出す

以上のコツを押さえて、できるだけ高く不用品回収・リサイクル買取業者に買取ってもらいましょう。

大量の洋服を処分したい場合は、不用品回収業者でのリサイクル買取以外にも、ユニクロやGUなどの洋服販売店の店舗に設置された回収ボックスに入れて下取りをしてもらう方法があります。

その他、NPO・NGO法人に洋服を寄付して海外の人たちに使ってもらったり、洋服の再利用によってワクチンを届けたりなどの方法もあります。

洋服の寄付は古着の買取にはなりませんが、衣類を比較的簡単に処分できるだけでなくエコやリユースに繋がります。洋服を高値で売ることではなく、処分することに重点を置いているなら海外への寄付を検討するのもひとつの方法です。

洋服の状態や数などに合った回収方法を検討するの処分時のコツと言えるでしょう。

自治体・不用品回収業者で洋服を処分する方法まとめ

着なくなった服は、基本的に自治体の燃えるゴミの回収日に処分できます。ただし、管轄の自治体によっては燃えるゴミ以外のゴミとして扱う場合があるので注意が必要です。

いらない洋服が大量にある場合は、不用品回収業者を利用すると便利です。不用品回収業者によってはリサイクル買取に応じてくれるところもあるので、必要に応じて利用を検討するといいでしょう。

今回紹介したポイントを参考に、不要な洋服を処分してみてください。

関連記事
PAGE TOP

関東エリアの不用品回収・ゴミ屋敷掃除業者が見つかる

不用品回収業者ゴミ屋敷清掃業者