ソファの捨て方~不用品回収・自治体の回収~

アイテム別の不用品処分方法

【不用品回収】ソファを処分する場合の業者・自治体への依頼方法
  • 公開日:
  • 更新日:

ソファのような大型の家具は、粗大ごみとして処分する必要があります。

粗大ごみは、地域の自治体または専門の不用品回収業者を利用するのが一般的。とは言え、ソファの処分は頻繫に行うものではないため、どのように処分すれば良いのか、また処分にかかる費用などがよく分からないですよね。

ここでは、ソファの回収を自治体や不用品回収業者へ依頼する方法と費用相場をまとめています。買取査定のポイントなども解説しているので、ソファの処分方法にお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

不用品回収業者に依頼する場合の方法と費用目安

以下のようなケースに当てはまる場合は、自治体よりも不用品回収業者の利用がおすすめです。

  • リサイクル家電と合わせて処分したい
  • 事業活動で出た不用品を処分したい(法人など)
  • 処分を急いでいる・即日での回収を依頼したい
  • 解体や搬出作業を自力で行うことが難しい

リサイクル家電とは、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機(乾燥機)のことです。

リサイクル家電は多くの自治体で回収不可とされており、購入店舗や不用品回収業者への依頼が必要となります。

また不用品回収業者なら最短即日での対応も可能なため、引越しなど急いで作業したい場合にも便利です。

ソファの回収依頼費用の相場

不用品回収業者にソファのみの回収を依頼した場合、費用相場は7,000円~12,000円程度

単品回収の場合や自治体と比較してやや割高になるので、他の不用品と合わせて回収してもらうのがおすすめです。

リサイクル・買取に出す場合のポイント

不用品回収業者の中には、再利用できる家具やブランド品など価値のある家具の買取を行っているところも多いです。

人気ブランドのソファや、購入後数年以内のソファは高値で買取してもらえる可能性もあるでしょう。少しでも可能性がある場合は、処分する前に買取査定の依頼を検討してみてくださいね。

ソファの買取を依頼する際、なるべく傷や汚れが目立たないよう拭き掃除などをしておくのがおすすめ。

通常、ノーブランド品は購入価格の0~20%、ブランド品は0~40%程度が買取の相場と言われています。

その他、ソファの買い替えにともなう処分であれば、新しいソファを購入した店舗で引き取りを依頼できる場合もあります。引き取り費用は店舗によって異なるので、近隣の家具店などに問い合わせてみましょう。

自治体の粗大ごみ回収でテーブルを捨てる方法

粗大ごみの定義は全国の自治体ごとに定められており、サイズや回収料金の基準などに違いがあります。

ここでは東京都世田谷区を例にして、ソファを処分する方法や費用、注意点について詳しく見ていきましょう。

自治体ごとに多少の違いはあるものの、回収に必要な手順はどこもほとんど同じです。世田谷区以外にお住まいの方も参考にしてみて下さい。

粗大ごみの収集を依頼する手順

東京都世田谷区の場合、一辺の長さが30cmを超えるゴミを粗大ごみと定義しています。

30cm以下に分解した場合でも同様の扱いとなるため、基本的にソファは全て粗大ごみになると考えて良いでしょう

粗大ごみなどの不用品回収を自治体へ依頼する際の手順は以下の通りです。

  1. インターネット・電話・FAXで、指定の粗大ごみ回収センターに収集依頼
  2. センターから収集日・料金の案内を受ける(たいてい1週間~2週間後の日程)
  3. 「有料ごみ処理券取扱所」の表示がある店舗で必要額のシールを購入
  4. 収集日の朝8時までに指定の場所へごみを運び出す

東京都世田谷区ではソファの処分料金を以下のように定めています。

ソファのサイズ・種類収集料金
幅150cm以下800円
幅70cm以下(ローソファ)800円
幅70cm超・150cm以下
(ローソファ)
1,200円
幅150cm超・200cm以下
(ローソファ)
2,000円

都内の収集センターへ持ち込む方法

東京都世田谷区では、戸別収集の他に処分場への持ち込みにも対応しています。世田谷区以外にも、地域で指定された持ち込み可能な施設がある自治体もあるため、地域のホームページをチェックしてみましょう

持ち込みで不用品回収を依頼する場合の流れは以下の通りです。

  1. インターネット・電話・FAXにて、指定の持ち込み施設に持ち込み依頼
  2. 施設から持込日・料金の案内を受ける
  3. 「有料ごみ処理券取扱所」の表示がある店舗で必要額のシールを購入
  4. 指定日に本人または同一世帯の方が持ち込みを行う(本人確認書類が必要)

持ち込みの場合、戸別収集の場合の半額ほどで不用品回収を利用することができます。

ソファの処分にかける費用を抑えたい方は、指定の処分場へ持ち込みを検討するのがおすすめです。

自治体を利用する場合の注意点

自治体に不用品回収を依頼する場合、回収できる品目や個数が制限されているケースもある点に注意が必要。

東京都世田谷区では、1回の不用品回収で依頼できる家具は10個までと決められています(1日1回まで)。ソファと合わせて他の家具などを大量に処分しようとお考えの方は、自治体ではなく不用品回収業者を利用した方が効率的でしょう。

また自治体によっては回収できる粗大ごみのサイズに上限が設けられていることも。

「30cm以上」だけなら良いですが、「30cm以上・2m以下」のように定義されている場合、大型のソファは対応してもらえないかもしれません。自治体での対応が難しい場合は不用品回収業者へ相談してみることをおすすめします。

不用品回収・自治体でテーブルを処分する方法まとめ

  • ソファの回収を自治体へ依頼する場合は事前の申し込みが必要
  • 規定を超えるサイズのソファや大量のゴミと合わせて処分したい場合は不用品回収業者が便利
  • 状態の良いソファなら不用品回収業者で買取をしてもらえる可能性がある

不用品回収業者であれば、ソファの解体や搬出も任せられるため、一人暮らしの女性や高齢者の方にもおすすめです。

近隣の不用品回収業者へ無料見積もりを依頼し、安い価格で回収してくれる優良業者を探してみてくださいね。

関連記事