汚部屋を退去する際にかかる費用相場を解説

汚部屋の対策法

掃除せずに汚部屋を退去するとどうなる?賃貸の片付けの費用相場とは
  • 公開日:
  • 更新日:

賃貸のマンションやアパートに住んでいる人の中には、部屋が汚部屋状態になっている人もいるでしょう。

仕事や家事などに追われて掃除をする時間がなく、ものやゴミが散乱した汚部屋で暮らしている人が増加していると言われています。

しかし、賃貸物件にはいつまでも住んでいるわけにもいかないので、遅かれ早かれ引っ越しする必要があります。このとき気になるのが、汚部屋から引っ越しするときに支払う退去費用の金額です。

そこで今回は、マンションやアパートの汚部屋から退去するときに発生する費用の相場を紹介します。

汚部屋の状態のまま退去するとどのようなトラブルがあるのか、自分で掃除をするのとプロの清掃業者に依頼するのとではどちらの費用がお得なのかも合わせてみていきましょう。

この記事は、次のような人におすすめです。

  • 汚部屋から引越しをする人
  • 賃貸の退去費用の相場を知りたい人
  • 自分で汚部屋の掃除をするかプロに依頼するか迷っている人

要注意!汚部屋の清掃をせずに退去するデメリット

マンション・ アパートに住んでいる人の中には、部屋にモノやゴミが溢れていて汚部屋になっている人もいるでしょう。

しかし、急な引っ越しで汚部屋の片付けをしなければいけないケースも珍しくありません。

まずは、マンション・アパートの汚部屋の掃除をせずに退去日を迎えるデメリットをチェックしましょう。

  • 大家さんとトラブルになる
  • 敷金がほとんど返って来ない
  • クリーニング代を請求される

以上のような事態に陥らないためにも、汚部屋から引越しをする場合はできるだけ掃除をして汚れを落とした状態で退去することが大切です。

特に、壁紙(クロス)や床に目立つ汚れがあると高額な費用を請求される場合が多いので注意してください。

マンション・アパートの汚部屋の退去費用

結論から言えば、マンションやアパートの退去費用の明確な料金の平均相場は存在しません。

なぜなら、退去する部屋が汚部屋かどうかに関わらず、退去費用は次のような項目を元に計算されるため、賃貸物件によって金額が大きく異なるからです。

  • 家賃
  • 敷金
  • 賃貸入居者の使用状況
  • 大家さん・ 不動産会社のチェックの厳しさ

そもそも汚部屋の退去費用として請求される金額は、マンションやアパートの部屋の原状回復に必要な修繕費用です。

賃貸物件の契約状況や補修内容によっては、居住者ではなく管理会社や大家さんが退去費用の一部を負担する場合もあります。

ガイドラインや契約書を確認してみよう

ガイドラインとは、国土交通省が定めている賃貸物件の退去に関するルールブックのようなものです。

退去するマンションやアパートの部屋が汚部屋どうか関わらず、入居者と大家さん・管理会社のトラブルが多いため国がきちんとルールを定めています。

このガイドラインによると、汚部屋の退去費用として支払う修繕費用はあくまでも現状回復分だけでいいという内容が記載されています。

1)原状回復とは
原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、その費用は賃借人負担としました。そして、いわゆる経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとしました。

引用元:国土交通省「現状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000020.html

原状回復は、賃借人が松屋アパーの部屋を借りた当時の状態に戻すことではないと明確化されているのです。

したがって、一般的には汚部屋で生活することによって損傷した箇所を修繕するための費用を居住者が支払う必要があると言えるでしょう。

不動産会社との交渉で退去費用を抑えられることもある

汚部屋から退去する時に発生する費用は、損傷のひどさや対象箇所の大きさによっては数十万円以上する場合もあります。

しかし、日頃から大家さんや不動産会社とコミュニケーションをとっていたり、退去時の打合せでうまく交渉できたりすれば、退去費用を抑えられる場合も。

法律上、マンションやアパートの入居者は大家さんや管理会社よりも費用負担が軽減されている立場にあります。とはいえ、汚部屋になってしまったマンションやアパートの持ち主は入居者ではありません。

高圧的な態度で大家さんや管理会社に費用交渉する人がいますが、常識的な対応をとったほうがメリットは大きいと言えるでしょう。

自力で部屋を片付ける場合の費用

汚部屋の状況にもよりますが、自分で片付けられるレベルの汚れ方なら1万円程度の費用で掃除ができるでしょう。

ほうきや雑巾、掃除機などの掃除用具が揃っているならもう少し費用を抑えられるかもしれません。

「できるだけお金をかけずに汚部屋の退去の掃除をしたい」という人は、友人や家族などに手伝いお願いして自力で片付けることをおすすめします。

しかし、中には長年の汚れが部屋にこびりついていたり、害虫や害獣が発生していたりするケースもあるでしょう。こうした場合は、無理をせずに専門の清掃業者に依頼した方が楽に汚部屋の片付けができます。

プロの業者に片付けを依頼する場合の費用相場

マンションやアパートの汚部屋の状態がひどく、自力で片付けるのが難しい場合はプロの清掃業者に依頼するとスピーディに片付けられます。

比較的程度の汚部屋の場合、清掃業者の退去清掃にかかる費用の相場は5万円程度と言われています。

清掃業者の多くは即日で汚部屋の掃除にあたってくれるので、退去日が迫っている場合でも安心です。

お風呂やキッチンなどにこびりついたカビやベランダの整理にも対応してもらえるので、自力で掃除ができない汚部屋に住んでいる人にピッタリです。

退去時に自分で汚部屋を片付けるとなると掃除用具を用意したり、掃除の時間を確保したりする必要があります。プロの清掃業者に依頼すると一時的に費用はかかりますが、高クオリティの掃除を短時間で行ってもらえます。

自分で汚部屋の掃除をして納得していても、大家さんや管理会社が厳しいとハウスクリーニング費用を請求される可能性が高いです。

苦労した上に後から高額な費用を請求されるなら、始めからプロの清掃業者に依頼した方メリットは大きいと言えるでしょう。

プロの業者に汚部屋の掃除を依頼する注意点

最後に、プロの清掃業者に退去時の汚部屋の掃除をお願いするときの注意点を4つ紹介します。

  • 悪徳業者を見極める
  • 利用プランの内容を確認する
  • 見積もり書の内容を確認する
  • 退去日に間に合うように予約を取る

悪徳業者を見極める

清掃業者の中には、残念な悪徳な商法でサービスを提供する業者が存在します。

具体的には、見積もりと違う費用を請求されたり、勝手に部屋のものを持ち去ったり、回収した家具・家電やゴミを不法投棄したりなどのトラブルがあります。

有良な清掃業者を探すときのポイントは、以下の通りです。

  • 必ず事前に見積もりをしてくれる
  • 見積書の内容を丁寧に教えてくれる
  • ネットで口コミや評判を確認する
  • 汚部屋掃除の実績を確認する

利用者の質問にきちんとした回答をしてくれない清掃業者は、悪徳業者である可能性が高いので注意してください。

利用プランの内容を確認する

清掃業者に依頼するプランの内容は、契約前にきちんと確認しましょう。

なぜなら、格安な料金プランの中には不用品の回収作業だけの対応になる場合があるからです。

もちろん、汚部屋のゴミや不用品回収を撤去できれば大かた部屋は片付くでしょう。しかし、汚部屋にこびりついた汚れやカビ、臭いなどのクリーニングまでしないと大家さんや管理会社の厳しさによっては別途料金を請求される可能性があるからです。

汚部屋の掃除をどこまでプロの業者にお願いするのか、汚部屋の状況と料金プランを考慮して適切な利用プランを検討することをおすすめします。

見積もり書の内容を確認する

清掃業者に作成してもらった見積もり書は、合計金額だけでなく内訳の項目もきちんと確認しましょう。

悪徳な清掃業者の中には、適当な項目で見積書の金額を労って作成している場合があるので注意が必要です。

見積もり書の中に理解できない費用項目が入っている場合は、遠慮なく清掃業者の担当者に確認しましょう。

退去日に間に合うように予約を取る

先に説明した通り、清掃業者の多くは昨日太陽で汚部屋の片付けにあたってくれるところが多いです。

しかし、引越し日や強制退去日が迫っている場合は、退去日に間に合うように余裕を持った予約を取ることが大切です。

3月や4月などは引越しシーズンで繁忙期になるので、自分の都合がいい日に予約が取れない可能性もあります。退去日が決まった時点で、清掃業者に相談することをおすすめします。

まとめ:部屋の状況に合った掃除方法を見極めよう

汚部屋を退去するときにかかる費用は、契約状況や使用状況などによって大きく異なります。

あらかじめ支払った敷金でクリーニング費用を賄える場合もありますが、場合によっては多くの費用を請求されることも珍しくありません。

今回紹介した内容を参考に、汚部屋の状況に合わせて清掃業者の利用を考えてみてください。

関連記事
PAGE TOP