ゴミ屋敷の片付け方法とおすすめの業者を紹介

ゴミ屋敷にならないために

ゴミ屋敷の片付け方法とは?自力の掃除と業者依頼を比較して解説
  • 公開日:
  • 更新日:

テレビ番組などでゴミ屋敷に関する話題を目にすることがあります。

自分の部屋が同じようなゴミ屋敷状態になっている場合は、早急に片付ける必要があるでしょう。

また自分は関係ないと思っていても、実家や親戚の家がゴミ屋敷になっているケースも考えられます。

ここでは、ゴミ屋敷を自力で片付ける際の手順や注意点、また業者を利用する場合の料金相場などを紹介。

おすすめのゴミ屋敷清掃業者も紹介しているので、ゴミ屋敷の片付けにお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

自力でゴミ屋敷を掃除できる?片付けの準備と手順

ゴミ屋敷の片付けを行う際は、自力で掃除できる範囲なのか、それとも清掃業者へ依頼した方が良いのかを判断する必要があります。

まずは、自力でも片付けられるゴミ屋敷の基準と、自力で片付ける場合の準備・手順を紹介していきます。

自力で片付けられる基準

ゴミ屋敷の片付けを自力で行う場合、以下の基準を満たしているかどうかをチェックしてみましょう。

  • 部屋が3DK未満の間取りである
  • 水回りの使用ができる
  • 住人が生活できている

ゴミ屋敷の広さが3DK以上の場合、作業にかかる時間が長くなり負担も大きくなるため業者へ依頼した方が良いでしょう。

3DK以上の家であっても、ゴミ屋敷状態となっている部屋が一部だけの場合は自力での対応も可能です。

また片付けをしている途中でトイレに行きたくなったり、水道水が必要になったりするシーンがあります。

水回りが機能していない家ではトイレも水道も使うことができず、作業に支障をきたすかもしれません。

住人が満足に生活できていないような状態であれば、清掃作業へ依頼することをおすすめします

ゴミ屋敷を片付ける前に準備すること

上記の基準をクリアしており、自力でゴミ屋敷の片付けを行うと判断した場合は作業前に人手や道具などの準備が必要です。

ゴミ屋敷の片付けをはじめる前に必要な準備について詳しく見ていきましょう。

人手の確保

ゴミ屋敷の片付けは2~3名以上の複数人で行う必要があります。

大型家具の搬出や解体を1人で作業するのは大変ですし、万が一ケガをした場合などにサポートできる人がいないと困ります。

業者に依頼した場合もスタッフが1人しかいないということはまずありません。

ゴミ屋敷の片付けは数日にわたる可能性も十分にあるので、家族や友達など信頼のおける人に手伝いを依頼するようにしましょう。

スケジュール設定

ゴミ屋敷を片付けた後は大量のごみが出るため、こちらも自力で処分しなくてはいけません。

生ゴミや資源ゴミは自治体で定められている回収日にゴミ出しをする必要があるため、なるべく回収日に近いタイミングで片付けを行うのがおすすめ

特に粗大ゴミは回収日が限られているので注意しましょう。

道具の準備

片付けの際は、一般的な掃除道具とごみ袋、そして集めたごみを搬出するための車などが必要です。

またゴミ屋敷状態の室内は不衛生な環境になっていることが考えられるため、マスクや軍手などを用意しておくと良いでしょう。

ゴミ屋敷を自力で片付ける場合の手順

片付けの準備が整ったらいよいよ作業に入ります。

ゴミ屋敷の片付けを行う際は、以下の手順で進めるとスムーズです。

  1. 害虫駆除
  2. 入口のゴミから片付ける
  3. 不用品の仕分け
  4. ゴミ出し
  5. 清掃

それぞれを詳しく見ていきましょう。

害虫駆除

ゴミ屋敷の中は衛生状態が悪く、ゴキブリやハエなどの害虫が大量に生息している可能性が高いです。

片付けの途中で害虫が飛んできたり、思わぬところから出てきたりすると作業が止まってしまいます。

心理的な負担も大きくなるので、事前に害虫駆除を行っておくことをおすすめします。

入口のごみから片付ける

片付けをはじめるときは、部屋の奥からではなく玄関や廊下など入口のごみから掃除していくとスムーズ

まずは通り道を作り、他の部屋との行き来がしやすい状態を作るようにしましょう。

不用品の仕分け

部屋を片付けていく中で出てきた品物を必要・不要に仕分けします。

遺品整理・生前整理を兼ねている場合は、雑に取り扱わないよう慎重に仕分け作業を進めることが大切です。

また再利用できるものや価値のあるものは処分せずに残し、後からリサイクルショップなどで買取をしてもらうのもおすすめです。

ゴミ出し

ゴミ屋敷の片付けが完了したら、ごみとして集められたものを分別して回収日に搬出を行います。

粗大ゴミの回収を自治体へ依頼する場合は事前に申し込みをしておく必要があるので注意しましょう。

清掃

ごみ出しが終わって部屋がスッキリしたあとは、原状回復に向けて清掃を行います。

染みや汚れがとれないようであれば、ハウスクリーニングを利用するなど清掃部分のみプロに依頼するのもおすすめです。

自分で片付け作業をする際の注意点

自力でゴミ屋敷の片付けを行う場合、ごみの分別や処理方法に注意する必要があります。自治体の回収日に合わせてごみ出しをするのであれば、自治体の分別ルールに従わなければいけません。

あとから分別するのが大変という方は、仕分けの際にある程度分別しておくと良いでしょう。

また、回収日までの期間はごみを自分で保管しておくことになります。外に放置しておくと悪臭や害虫が発生し、近所とのトラブルになる可能性があるので注意しましょう

ゴミ屋敷は住人ひとりの問題ではなく、周辺住民の生活にも影響を及ぼします。片付けをする気持ちがあるだけでは先に進まないので、自力での作業が難しい場合は業者へ相談しましょう。

行政による指導や代執行が行われる前に、問題解決へ向けて動くことが大切です。

自力でできない時は業者へ依頼!おすすめの清掃業者を紹介

ここからは、ゴミ屋敷の掃除や不用品の回収・買取に対応しているおすすめ業者を紹介します。

関東エリアでゴミ屋敷にお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。


業者紹介

ECO侍

ECO侍
料金目安
ゴミ屋敷清掃要見積もり
遺品整理要見積もり
受付時間09:00〜20:00
対応地域東京 / 神奈川 / 千葉 / 埼玉 /
大阪
サービス内容不用品回収 / ゴミ屋敷清掃/
遺品整理 / 不用品買取 /
引っ越しの不用品回収
TEL0120-450-162

ECO侍のポイント

ECO侍は即日対応可能で豊富な実績を持つ評判の不用品回収・ゴミ屋敷清掃業者です。部屋の間取りに応じてパックプランでお得に対応してくれるケースがあるので、安い料金で依頼したい方におすすめです。

片付け53.net

片付け53ネット
料金目安
ゴミ屋敷清掃要見積もり
遺品整理要見積もり
受付時間08:00〜22:00
対応地域東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉
サービス内容不用品回収 / ゴミ屋敷清掃 /
遺品整理
TEL0120-949-685

片付け53ネットのポイント

片付け53.netでは、事前の分別不要で不用品回収・遺品整理・ゴミ屋敷清掃などに対応してくれます見積もり額から割引を受けられるサービスも行っているのでぜひチェックしてみてください。


業者紹介

ハウスジャパン

ハウスジャパン
料金目安
ゴミ屋敷清掃要見積もり
遺品整理要見積もり
受付時間09:00〜22:00
対応地域東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉
サービス内容不用品回収 / ゴミ屋敷の清掃 /
遺品整理 / 引っ越しの不用品回収
TEL0120-905-499

ハウスジャパンのポイント

ハウスジャパンはゴミ屋敷清掃に特化した業者です。早朝・深夜の作業も対応してもらえる可能性が高く、忙しい方におすすめ。
キャッシュレス決済にも対応しており、すぐに払うお金がないという場合でも安心です。

気になるゴミ屋敷清掃業者に頼んだ場合の費用

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼した場合、間取りに応じた清掃料金がかかります。

間取りだけでなく、ごみの量や部屋の状況によっても値段が変わるので、正確な金額がいくらになるのかを知るには見積もりが必要です。

間取り別の大まかな費用相場は以下の通りです。

間取り料金相場
1R・1K30,000円~80,000円
1DK50,000円~120,000円
1LDK70,000円~200,000円
2DK90,000円~250,000円
2LDK120,000円~300,000円
3DK150,000円~400,000円
3LDK170,000円~500,000円
4LDK以上220,000円~

作業時間は2時間~6時間程度で終わることが多いですが、部屋の広さによっては10時間以上かかることも。

1日では終わらない可能性も考慮してスケジュール設定を行うようにしましょう。

片付け業者に掃除を依頼する際の注意点

業者を利用してゴミ屋敷を片付ける場合、業者選びにも注意が必要です。

最後に、悪質業者に引っかからないためにチェックするべきポイントを覚えておきましょう。

一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているか

家庭ゴミを回収する際は、自治体から発行される一般廃棄物収集運搬業の許可証が必要となります。

また買取サービスも行っている場合は古物商許可証も必要です。

許可のない業者を利用した場合、回収した品物を不法投棄したり、不当な方法で利益を得ていたりする可能性があります。

利用者側も責任を問われるリスクがあるので、許可証を持っていない業者の利用は避けましょう

格安や無料という言葉には注意

清掃業者の中には、相場より明らかに安い料金で依頼を受けているところがあります。

実際は様々な理由を付けて追加料金を請求しているケースが多いので、格安をうたっている業者は注意が必要

また見積もりの時点で支払いが発生する業者もあるため、事前に見積もりが無料であることをきちんと確認しましょう。

料金だけで比較せず、仕事の質や口コミ評価なども参考にしながら業者選びを行うことをおすすめします

ゴミ屋敷の掃除方法まとめ

いったんゴミ屋敷状態になってしまうと、片付けや清掃には大きな労力が必要となります。

部屋の間取りが小さい場合やごみの量が少ない場合は自力での対応も可能ですが、大量のごみで溢れているような場合は業者の利用がおすすめです。

業者を利用する場合は、日雇いのアルバイトなどで構成されているところではなく、専門知識と技術を持ったプロのスタッフが在籍しているところを選びましょう。

今回紹介した業者はいずれも経験豊富なスタッフが在籍する評判の業者となっています。

業者選びにお悩みの方はこちらの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事