知らないと困るガスコンロの処分方法

アイテム別の不用品処分方法

ガスコンロを処分する場合の自治体・不用品回収業者への依頼方法
  • 公開日:
  • 更新日:

引越しや部屋の掃除などで、ガスコンロを処分したいと考えている人もいるでしょう。しかし、具体的にどのようにガスコンロを廃棄すればいいのか分からず困るケースもめずらしくありません。

そこで今回は、ガスコンロを不用品回収に出す方法を分かりやすく紹介します。自治体での処分方法だけでなく、不用品回収業者を利用してガスコンロを処分する場合に気になる料金相場もあわせてチェックできます。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • ガスコンロの不用品回収の方法が分からない人
  • 不用品回収業者にガスコンロの処分の依頼を検討している人
  • ガスコンロを処分するときの注意点が知りたい人

自治体で粗大ごみとして処分する際の方法

ガスコンロを不用品回収に出す場合にお金をかけたくない場合は、居住している自治体に処分をお願いしましょう。

自治体でガスコンロを処分してもらう場合の流れは、次の通りです。

  1. 不用品回収の申し込みをする
  2. 粗大ごみ処理券を購入する
  3. 指定された条件に従ってガスコンロを搬出する

家庭用の小型ガスコンロは家電4品目(冷蔵庫やテレビなど)に分類されないため、一般的な粗大ゴミとして処分ができます。

不用品回収時に処分費用がかかりますが、1,000円以下で安く廃棄できるのが自治体の回収サービスの魅力です。大型サイズのガスコンロを不用品回収に出す場合は、もう少し処分手数料がかかることがあるので事前に管轄の自治体に問い合わせておきましょう。

しかし、ガスコンロの不用品回収を申し込んでから実際に回収されるまで、2~3週間程度かかります。急いで部屋を掃除したい場合や早急に引っ越しをしなければいけない場合は、別の方法でガスコンロの処分をすることをおすすめします。

例:東京都世田谷区のガスコンロの回収方法

東京都世田谷区の場合は、インターネットか電話で粗大ごみ受付センターに回収の申し込みをしなければいけません。電話の受付は、月曜日から土曜日までに限定されているだけでなく受付時間は8~21時に限られています(祝日のみ受付可能)。

また、不用品回収を依頼するガスコンロの受け渡しの種類に応じた手数料を支払わなければいけません。自宅近くのゴミ置き場にガスコンロをおいて収集してもらう場合は400円、船橋粗大ごみ中継所に自分で持込む場合は200円の手数料が必要です。

不用品回収業者に回収・リサイクル買取してもらう際の費用相場

できるだけ早くガスコンロを不用品回収に出したい場合や引越しなどで他の家電や家具も合わせてお願いしたい場合は、不用品回収業者を利用すると便利です。

自宅からガスコンロなどの回収品の持ち出しが不要ですし、不用品回収品をまとめて片付けられるのは業者を利用する大きなメリットと言えるでしょう。一方、自治体の粗大ゴミ回収サービスの料金と比較すると費用が高くなるのがデメリットとして挙げられます。

不用品回収業者にガスコンロの処分を依頼する場合の費用相場は、およそ4,000円になっています。

値段の内訳としては、出張運搬費が3,000円、ガスコンロ自体の処分費用が1,000円になることが多いです。出張運搬費が無料な不用品回収業者もあるので、依頼する場合は複数の業者のプランを比較することをおすすめします

ガスコンロだけで不用品回収業者を利用すると料金が高額になりますが、粗大ごみの回収パックプランなどを利用するとお得に処分できる場合もあります。

また、不用品回収業者によってはガスコンロが故障していなければリサイクル買取サービスを適用してくれる場合もあります。

買い替えなどでガスコンロが綺麗な場合は、リサイクル買取ができる業者に回収をお願いすると、よりお得な料金で処分できるかもしれません。ガスコンロ以外にも比較的綺麗なテーブルやボックス、トースター、ファンヒーター、レンジ、キッチンツールなどの家具や家電がないか、家の中を探してリサイクル買取をしてもらうのもひとつの方法です。

ガスコンロを捨てるときに注意すること

買い替えなどでガスコンロを捨てたり、リサイクル買取に出したりするときは、次の2つ注意点を必ず守って処分してください。

  • 必ず元栓を閉める
  • ガスホースのガスをきちんと抜く

元栓を閉めずに作業をしたり、ガスホースの中のガスを排出しないまま処分したりすると火元から引火して爆発が起きる危険性があります。ガスコンロを不用品回収に出す場合は、ガス漏れに十分気を付けて作業を進めましょう。

また、ガスコンロを長期間使っていたり、汚れが溜まっていたりするとガスホースが取れにくいことがあります。ガスホースが固まって取り外し作業が進められない場合は、カッターやハサミを使って安全に抜くことをおすすめします。

不用品回収業者・行政でガスコンロを処分する方法まとめ

ガスコンロを廃棄したい場合は、大型サイズのもの以外なら自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用すると処分費用を抑えられます。

しかし、手続きに手間がかかったり、回収されるまでに時間がかかったりします。手早くガスコンロを不用品回収に出したい場合や他の家電や家具も合わせて廃棄する場合は、不用品回収業者を利用するといいでしょう

自治体の回収サービスや不用品回収業者のリサイクル買取を利用する場合は、ガスコンロの処分時の注意点をしっかり押さえて処理することが大切です。

今回紹介した内容を踏まえて、自分に合った処分方法でいらなくなったガスコンロを安全に処分しましょう。

関連記事
PAGE TOP