布団を不用品回収・自治体の回収サービスで処分する

アイテム別の不用品処分方法

不用品回収業者・自治体で布団を処分する場合の依頼方法
  • 公開日:
  • 更新日:

子供の独り立ちなどで一緒に住む家族の人数が変わったり、新しい布団に買い替えたりすると今まで使っていた布団を処分することになります。しかし、布団の処分方法が分からない人もいるでしょう。

当記事では、布団を不用品回収に出す方法を紹介します。業者に依頼した時の一般的な料金相場や、自治体で行っている粗大ゴミの回収サービスを利用する手順についても合わせて解説していきます。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 布団の廃棄方法が分からない人
  • 不要な布団がたくさんある人
  • 布団の買い取り・下取りを考えている人

行政・自治体で処分する方法

布団などの寝具を自治体の不用品回収に出す場合は、粗大ごみとして処分するのが一般的です。自治体によっては、布団圧縮袋に入れれば燃えるごみとして廃棄できる場合もあります。

このように、布団の処分方法は自治体ごとに対応が異なるので、廃棄する前にルールを確認する必要があります。ゴミのルールブックを確認したり、ネットで自治体のサイトをチェックしたりして居住地のマナーに沿って処理しましょう。

東京都世田谷区の自治体を例に紹介

今回は、例として東京都世田谷区の処分方法を挙げてみましょう

東京都世田谷区の場合は、掛け布団、敷き布団ともに処分料金が同じです。

ただし、自宅近くのゴミ収集場所に出すか、船橋粗大ごみ中継所に持ち込むかによって処分にかかる料金が異なります。

処分方法 処分料金
収集 400円
持込 200円

不用品回収業者に回収依頼をする際の料金相場

ゴミ収集場所まで布団・こたつ布団を持って行くのが難しい場合は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。

出張買取サービスを利用すれば自宅まで不用品回収業者のスタッフが引き取りに来てくれるので、自分で重い布団を持ち運びせずにすむメリットがあります。

具体的な料金は不用品回収業者によって異なりますが、相場は布団1枚につき1,000円ほどです。これに出張料金として3,000円程度の費用がかかることが多いです。よって、不用品回収業者に布団1枚を回収してもらう場合は4,000円程度の料金がかかると想定しておくといいでしょう。

自治体のゴミ回収サービスと比較すると値段が高いのがデメリットですが、引越しなどで急ぎで布団を処分したい人は業者に依頼した方がスピーディに処分できるでしょう。

不用品回収業者の多くは、無料で出張見積もりサービスを行っています。布団を処分するのにかかる具体的な金額が知りたい場合は、一度不用品回収業者に無料査定を依頼してみてください。

不用品回収業者は布団だけでなく、ベッドマットレスなどの他の寝具や家具、家電などの回収にも対応しています。不要な布団が大量にある場合や処分してほしい不要品がいくつかある場合は、不用品回収業者に依頼すると安い料金で手早く処分できるでしょう

不用品回収業者を利用するときの注意点

不用品回収業者の中には、不当な料金を請求してくる悪徳な業者が存在します。本来、買取りができる布団の回収に不当な費用を付けたり、回収した布団を不法投棄されたりなどのトラブルが起こることがあるので注意が必要です。

布団の処分を不用品回収業者に依頼する場合は、事前にネットなどで利用者の口コミ情報をチェックすることをおすすめします。悪徳な業者に布団を渡してしまわないために、細心の注意を払いましょう。

布団は買取・リサイクルに出せる?

不用品回収業者やリサイクル買取り業者などに布団の引き取りを依頼すれば、買取りに応じてくれることがあります。

ただし、あまりに布団が古い場合や傷みが激しい場合は、買取りに応じてくれないケースもあるので気を付けましょう。

ブランド品や状態が綺麗なものは高額買取りが可能

処分する布団がブランド品であったり、綺麗に洗浄されていたりする場合は、比較的高い価格で業者に買取ってもらえる可能性が高いです。

不要な布団をできるだけ高く買取ってもらうために、日ごろから布団を綺麗に扱うように意識したり、業者に出す前に洗濯をして汚れを落としたりすることをおすすめします。

布団を自治体・不用品回収業者で処分する方法まとめ

買い替えなどで不要な布団を処分したい場合は、自治体のごみ回収サービスや不用品回収業者の引き取りサービスを利用しましょう。布団は一般ごみとして処分できない寝具なので、ルールに則って廃棄することが大切です

処分する布団の状態が良ければ、リサイクル買取りをしてもらえるケースもあります。急な引っ越しなどで急いでいない場合は買取り業者に布団を引き渡す前に洗濯・洗浄をして、できるだけ綺麗な状態で持ち込むことをおすすめします。

今回は詳しく紹介しませんでしたが、寄付を募っている団体に布団の引き取りをお願いする方法もあります。テレビCMやネット検索をチェックすればいくつかサイトが出てくるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

関連記事
PAGE TOP

関東エリアの不用品回収・ゴミ屋敷掃除業者が見つかる

不用品回収業者ゴミ屋敷清掃業者