ゴミ屋敷の片付け・清掃は自力でできる?簡単な手順を紹介

ゴミ屋敷にならないために

汚部屋・ゴミ屋敷を自力で片付け!効率の良い手順・方法を徹底解説
  • 公開日:
  • 更新日:

自分の部屋や実家が「ゴミ屋敷」「汚部屋」と呼ばれるような状態になっている方は、早急に片付けを行う必要があります。

あまりに状態が悪かったり、ごみの量が多かったりする場合は業者の利用がおすすめですが、部屋の広さによっては自力での対応も可能です。

ここでは、ゴミ屋敷を自力で片付ける方法や手順、また自力で片付けた場合にかかる費用などを紹介。

家がゴミ屋敷になってしまう原因と対処法もまとめているので、片付けが苦手な方や、ゴミ屋敷でお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

自力で掃除できるゴミ屋敷の基準はある?

「ゴミ屋敷の片付けは自力でやる!」と意気込むのは良いことですが、部屋の状態によっては業者へ依頼した方が良いケースがあります。

まずは、自力で片付けができるかどうかの基準として、以下の項目をチェックしてみましょう。

  • 部屋が3DK未満の間取りである
  • 水回りの使用ができる
  • 住人が生活できている

部屋が3DK未満の間取りである

長年かけて溜まったゴミ屋敷のごみを片付けるのは、時間と労力がかかる大変な作業です。

部屋が広いと数日では終わらない可能性があり、結局業者へ依頼することになったらもったいないですよね。

ゴミ屋敷となっている家の間取りが3DK以上の場合は、自力での片付けが難しいと考えましょう。

水回りの使用ができる

壁や床の拭き掃除を行う際は水が必要となります。

また作業が長時間にわたるケースでは、途中でトイレを利用する可能性を考えなくてはいけません。

ゴミ屋敷に設置されているトイレやお風呂、水道などが機能していない場合は水が使えないため、水回りの修繕も含めて業者へ依頼することをおすすめします。

住人が生活できている

ゴミ屋敷になっている部屋が家の一部分である場合や、ごみの量が比較的少ない場合は、自力での片付けも可能です。

逆に、家中がゴミ屋敷となっており、生活できないほどの大量のごみが溜まっている場合は業者へ依頼しましょう

ごみの山が崩れてケガをしたり、害虫やほこりによって健康被害を受けたりする可能性があります。

ゴミ屋敷を片付ける前の準備~道具や処分方法~

部屋の間取りや生活状況をチェックしたうえで、自力で片付けを行うと判断した場合、片付けに必要な道具や人手を整える必要があります。

続いて、ゴミ屋敷の片付けを自力で行う際に準備しておくべき項目を確認していきましょう。

人手の確保

ゴミ屋敷の片付けを1人で行うことは難しいです。

大型家具の搬出や解体など、人手を要する作業が発生する可能性がありますし、ケガをした場合のサポートも必要となります。

作業効率も悪いので、家族や親戚などに依頼して2~3人以上で作業するようにしましょう。

スケジュール設定

ゴミ屋敷から出たごみの処分も自力で行わなければいけません。

基本的には地域の回収日にごみ出しをすることになるため、なるべく回収日に近い日程で片付けるのがおすすめ。

特に粗大ゴミは月に1・2回しか回収日がないので、スケジュール設定には注意しましょう。

また粗大ゴミを捨てる際は事前に自治体の回収センターに申し込みを行う必要があります。

申し込みを忘れてしまうと、次の回収日まで家の中に置いておくことになるので、連絡を忘れないようにしましょう。

ごみの量が多い場合、回収作業だけ業者へ依頼するのも1つの方法です。

道具の準備

ゴミ屋敷は不衛生な環境になっていることが多いため、身を守る物や掃除に必要な道具を揃えておくようにしましょう。

ゴミ屋敷の片付けを自力で行う場合に準備しておくと良い道具には以下のようなものがあります。

  • マスク・軍手・エプロンなど汚れても良い格好
  • ごみ袋・梱包材
  • 害虫駆除剤
  • 掃除道具
  • ごみを積むための車

素手でごみを触ったり、ホコリが舞う部屋に長時間滞在したりすると健康面のリスクが伴います。

ケガや病気を予防するために、マスクや軍手は必ず用意しましょう。

またゴミ屋敷はゴキブリやコバエが大量に棲みついている可能性が高いです。

掃除中に害虫と遭遇すると心理的な負担が大きくなるので、事前に害虫駆除剤をまいておくなどの工夫が必要です。

その他、一般的に掃除をする際に使うほうきやモップ、雑巾や洗剤なども一通り揃えておきましょう。

車の運転ができない場合は、ごみの回収だけ業者に代行を依頼することも検討してみてください。

清掃の作業手順とコツ

ゴミ屋敷を片付ける準備が整ったら、本格的な作業に入っていきます。

計画を立てずに片付けをはじめてもダラダラしてしまうので、日程と片付ける手順をきちんと決め、予定通りに終えられるようにしましょう。

ゴミ屋敷の片付けは以下の手順で進めていくとスムーズです。

  1. 害虫駆除
  2. 入口のゴミから片付ける
  3. 不用品の仕分け
  4. ゴミ出し・清掃

害虫駆除

ゴミ屋敷は害虫が大量発生している可能性が高いため、先に害虫の駆除を行うのがおすすめです。

規定の量よりも多いぐらいの駆除剤をまくことで、ゴミ屋敷に潜んでいるゴキブリやコバエの駆除ができるでしょう。

あまりにも害虫が多く手が付けられないといった場合は、自力での作業は諦めて業者を利用することを検討してみてください。

入口のごみから片付ける

ゴミ屋敷の片付けを行う際は、どの部屋からはじめるのか、どの順番で進めるのかを事前に決めておきましょう。

まずは他の部屋と行き来がしやすいよう、玄関や入口の廊下から作業するのがおすすめ

見えるところが綺麗になることで、モチベーションの維持にも効果的です。

不用品の仕分け

部屋には生ゴミや着古した衣服など明らかにごみと分かるものと、思い出の品など捨てることを迷うものがあります。

まずは確実に廃棄するものをまとめ、そのあとで残った品物の仕分けを行いましょう。

仕分ける際は「必要」「不要」「保留」の3種類に分け、最後に保留となっている品物を振り分けます。

すでに何年も放置されているようなゴミ屋敷では、ほとんどの品物を処分することになるでしょう。

一方で、貴金属や現金など価値のあるものが出てきた場合は、買取を依頼するか自身で再利用するなどの検討が必要です。

特に遺品整理・生前整理を兼ねているケースでは、やみくもに処分せず業者へ査定を依頼してみることをおすすめします。

ゴミ出し・清掃

ゴミ屋敷から出たごみの分別が完了したら、地域で定められている回収日にごみ出しを行います。

回収日まで期間がある場合は、部屋の空きスペースにまとめて保管しておきましょう。

近所に迷惑がかかる可能性があるため、きちんと梱包してある場合でも外に出しておくのは避けた方が良いです。

ごみ出し後は掃除道具を使って部屋の清掃作業を行います。

自力では原状回復が難しいようであれば、ハウスクリーニングを依頼するなど清掃部分のみプロの手を借りるのもおすすめです。

自力でやってもごみ処分費用は発生。安く抑える方法は?

自力でゴミ屋敷の片付けを行えば無料で済むのかと言えば、そうではありません。

例え自力で作業したとしても、以下のような費用が発生します。

  • 片付けに必要な道具の購入
  • 粗大ごみの回収
  • リサイクル家電の処理 など

料金はごみの量や品目、部屋の間取りによって大きく異なるため一概にいくら、とは言えません。

数万円程度で済むケースもあれば、20万円~30万円といった費用がかかってしまうケースもあるのです。

自力で片付け費用を抑えるには、ごみを処分場へ直接持ち込んだり、不用品をリサイクルショップで買い取ってもらったりする方法が挙げられます。

また回収や清掃など部分的に業者へ依頼するのもおすすめです。

ゴミ屋敷清掃業者なら、ごみの片付け・梱包・清掃・修繕などを一括で対応してもらえるため、片付けにかかる負担を大きく減らすことができるでしょう。

無料で見積もりを行ってくれる業者がほとんどなので、気になる方は一度問い合わせてみてくださいね。

ゴミ屋敷が発生する原因ときれいに保つための方法

ゴミ屋敷状態になるまでごみが片付けられない人は、心理的な要因が影響していることが多いです。

最後に、ゴミ屋敷になってしまう原因と対処法を確認しておきましょう。

ごみを捨てる習慣がない

もともと自分でごみを捨てる習慣がなく、家族に任せっきりだったという方は、一人暮らしになっても同じようにごみが捨てられないことが多いです。

若いときから自分でごみを捨てる習慣を身に付けておくことが大切

また過去の経験などから、もったいなくて物が捨てられないという性格の方も同様です。

「使わない物は捨てる」という感覚に慣れることで、物を溜め込むクセを改善できるでしょう。

一人では難しい場合というは、家族などに協力を依頼することも大切です。

ストレス

仕事や家庭のストレスなどが原因で、ごみが片付けられなくなる方も少なくありません。

倦怠感によってごみを片付ける気力がなくなり、ちょっとした掃除すらも億劫になってしまうのです。

以前は綺麗好きだったという方も陥る可能性があるので、ストレスを溜めこまないよう注意しましょう。

また買い物をすることでストレスを発散している方も注意が必要です。

趣味を作ったり運動を始めたりするなど、買い物以外のストレス発散方法を見つけてみましょう。

自力で片付けをする手順まとめ

ゴミ屋敷の片付けを自力で行う場合は、人手の確保や道具の購入など様々な準備が必要です。

部屋の広さが3DK以上の場合や、足の踏み場がないほどのごみで溢れているような場合は、自力ではなく業者へ依頼することをおすすめします。

多くのゴミ屋敷清掃業者では、面倒なごみの分別や水回りの清掃などにも対応しており、ワンストップで完了できるため大変便利です。

ゴミ屋敷の片付けをはじめ、遺品整理や引越しの際の不用品回収にも活用できます。

自力で片付けを行うのが難しいと感じた方は、業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事
PAGE TOP