ECO侍様に当サイト特別インタビュー!

特別インタビュー

独占インタビュー!不用品回収・ゴミ屋敷片づけ業者のECO侍
  • 公開日:
  • 更新日:

今回は、東京都江東区に営業所を構えるECO侍様にインタビューをさせていただきました。

不用品回収、ゴミ屋敷清掃、遺品整理まで幅広く対応しており、年間実績も非常に豊富なECO侍様。多くのお客様から依頼される人気の秘密に迫ります。

今回のインタビュー担当者
インタビュー担当者

不用品回収・ゴミ屋敷清掃業者お得ナビ 編集者

不用品回収・ゴミ屋敷清掃を専門に扱う業者や、料金相場、お得な業者の選び方など、お得な情報をお届けできるよう日々調査しています。
今回は直接ECO侍様にお話を伺えるということで、気になるサービス内容や料金体系について細かく聞いてきました!

ECO侍はどんな不用品回収業者?

eco侍の会社概要

ECO侍は、東京都大田区、千葉県長生郡に営業所を構える不用品回収業者です。創業10年という実績ある業者で、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理、ハウスクリーニングなど、ゴミに関する困りごとに広く対応しています。

手頃な料金と、お客様のニーズに合わせて柔軟に対応してくれるところが評判をよんでおり、個人・法人問わずリピーターの多い不用品回収業者です。

当サイト編集者が独占インタビュー!まずは、ECO侍様のサービス内容について伺いました。

eco侍のサービス内容

―まずは、ECO侍様が対応している作業を教えて下さい。

ECO侍様:利用者様の困りごとすべてに対応しています。不用品回収、ゴミ屋敷の片付けはもちろん、運搬・引越し、ちょっとしたリフォームや修理、ハウスクリーニングやエアコンの取り外しまで、様々なご要望にお答えしています。

また、遺品整理も行っているのですが、相続の関係で発生する行政的な手続きも一部ご対応しています。

―かなり幅広いサービスがあるんですね。不用品回収というとお客様の都合の良い時間に来てもらえるように頼まれることも多いかと思うのですが、早朝や深夜の対応などもしているんでしょうか?

ECO侍様:要相談、という形ですね。というのも、早朝・深夜の作業は、近隣の方の迷惑になってしまうので。営業時間から言うと夜8時までが対応時間となっていますが、ご相談いただいて夜9時とか10時とかに対応することはあります。

回収依頼が多いのは、土日ですとか、遅い時間だと平日の夜9時~10時ですね。

―状況によっては、対応時間を過ぎても作業していただけることもあるんですね。実際の作業やサービス内容について伺いたいのですが、ECO侍様の一番のアピールポイントや、特徴はなんでしょうか?

ECO侍様:困りごと全てに対応できる、という点ですね。やはりサービスが幅広いので、なんでも相談してもらえれば対応できます

予約状況によりますが即日対応もできることもありますし、遺品整理士の資格を持った社員もいるので、遺品整理をしたいけど何から始めればよいのか分からない、という場合にもまるっと任せていただいて大丈夫です。

Point

  • ECO侍様は不用品回収・ゴミ屋敷片付け以外にも、遺品整理やハウスクリーニングなどゴミに関するお悩みに広く対応!
  • 相談次第では、夜の9時や10時にも対応してくれることも!忙しい方でも気軽に相談できます。

どんな問い合わせが多いのでしょうか?

―お客様からは、どんな問い合わせが多いんですか?

ECO侍様:やはり、急ぎの内容が多いです。今日引っ越しだから不用品を持っていってほしいとか、引越し先に入らないものを回収してほしいとか。ゴミ屋敷だと、周りから苦情がきたとか、大家さんが見回りにくる、両親が明日来るからなんとかしたいとか。

―たしかに、そういう状況だと慌てて問い合わせする方が多そうですね。そういった「今日来てほしい」という依頼の場合、対応してもらえるんでしょうか?予約状況次第というのはあると思いますが…

ECO侍様:そうですね…でも、状況を相談してもらって、たとえば他のお客様の対応が終わったあと、夜に伺うとか。

あとは、ちょっとお待たせしてしまいますけど、他の作業が早く終わった場合に「あと一時間くらいで伺えます」って電話して回収したり、なんとか希望にそえるようにしています。他のお客さんに確認して、予約状況を調整することもありますね。

―そうなると、まずは自分の状況を相談、というのがベストですね。「女性の社員に作業してほしい」なんていう要望にも対応してもらうことはできるんでしょうか?女性の一人暮らしだと、そういうお願いも多そうなので。

ECO侍様:弊社にも女性の社員がいるので、女性社員が作業するように調整することはできます。しかし、女性「だけ」というのは難しいですね。やはり力仕事なので、重いものを運ぶために男性の力が必要ですし。

ただ、「このスペースは女性社員に片付けてほしい」というような要望には、しっかり配慮して対応するようにしています。

―なるほど、女性社員の方にも来てもらうことができるんですね。社員の方は、なにか特別な研修・資格取得などをしていますか?

ECO侍様:特別な研修というのはないですが、みんな現場の経験をしっかりと積んでいます。遺品整理士の資格を持った社員もいますが、資格が重要というより、作業においては現場での経験が多いかどうかが重要ですね。

―ECO侍さんは10年以上の実績がおありだとホームページで拝見しましたが、年間実績は何件くらいあるんですか?

ECO侍様:不用品回収だと、年間2000件くらいでしょうか。年間360日営業していて、1日5件~6件依頼があるような感じなので。ゴミ屋敷だと…月に20件ほどなので、年間240件くらい。

―そんなに多くの依頼があるんですか!

ECO侍様:ええ、ゴミ屋敷だと、夏の依頼が多いんですよね。暑いと虫が湧きやすかったり、臭いがしたりするので。逆に冬は少なめです。

―作業中、なにか気をつけていることはありますか?

ECO侍様:やっぱり、プライバシーへの配慮ですね。捨てるものの中には、パソコンとか紙の書類がある場合も多いんです。そうなると、パソコンの中に残ったデータとかプライバシーが気になりますよね。紙の書類は溶解処理をして、パソコンは破砕処理。そうやって、何が書いてあったのかデータが残らないように処分します。

パソコンに関しては、事前に中のデータを消去しておくように利用者様に依頼をしますが、お客様が本当に心配な場合には目の前で水をかけてハンマーで壊すこともしますよ。

―紙の書類というと、個人よりも法人のほうが多いイメージですが、ECO侍様は法人の依頼にも対応しているんですか?

ECO侍様:はい、法人のお客様の場合、契約書を結んで対応しています。事前にご相談いただければ、マニフェストも出せますよ。実際、こういう不用品回収業者に依頼するのは、法人のお客様のほうが多いイメージですね。

法人のお客様は粗大ごみなどがあっても普通に処分することができないですから。リピートしてくれる法人のお客様も多いです。

Point

  • 即日の作業依頼も、ご相談次第では時間を調整して対応可能!まずは相談してみましょう。
  • ECO侍様は年間2,000件もの実績があるプロの業者!プライバシーへの配慮を徹底していて、パソコンの処分なども安心して任せられます。

ゴミ屋敷の片付けを依頼すると、どれくらい日数がかかるのでしょうか?

ゴミ屋敷片付けの作業内容

―ここでちょっとゴミ屋敷の話をお伺いしたいのですが、ゴミ屋敷って「周囲にバレたくない」っていう方も多いと思うんです。そういう要望には対応してもらえるんでしょうか?

ECO侍様:対応はするんですが、やはり全く物音を立てずに…というと難しいですね。でも、最大限配慮はします。一気に大きな規模でやるのではなくて、何回かに分けてご訪問して対応したり、「今日はこの部屋だけ」みたいに部屋ごとに細かく分けて対応したり。

要望を相談してもらえば、お客様の都合の良いやり方を考えてご提案させてもらいます。

―なるほどですね。ゴミ屋敷の清掃って、どれくらいの時間がかかるのか想像しにくいんですが、たとえば一般的な大きさの一軒家(2LDKほど、ゴミが散乱して膝~腰くらいまで) の片付け・ハウスクリーニングでどれくらいの時間がかかりますか?

ECO侍様:そうですね…それくらいだと、1日~2日でゴミを片付けで、そのあと1日でハウスクリーニングという感じですね。全部で3日くらいみていただければ大丈夫だと思います。

―3日あればまる一軒のゴミ屋敷がすっかりきれいになるなんて、やはりプロにお願いすると早いですね!遺品整理をしてほしいなんて依頼もあるかと思うんですが、遺品整理の場合はお客様の方で分別などする必要はないですか?

ECO侍様:はい、分別などは必要ないです。でも、「事前にいるものだけ分けておいて下さい」というのはお客様にお願いしてます。写真とか、残しておきたいものがある方も多いので。それさえ分けておいてもらえば、残りのものは私達で処分します。

―遠方にいる親が亡くなったから、鍵だけ預けるから作業してほしい、というのも大丈夫ですか?

ECO侍様:はい、大丈夫です。意外と多いですよ、そういう鍵だけ預かって作業する依頼。ただ、最初と最後はお客様にご確認してもらわないといけません。特に最後は、ものが残っていないか等見てもらわないと行けないので、現地に来ていただくようお願いしています。

Point

  • ECO侍様にゴミ屋敷片付けを頼むと、2LDKほどの大きさなら、だいたい2日~3日でハウスクリーニングまで完了。
  • 遠方にお住まいの方は、鍵だけ預けて片付け作業を全てお任せすることも可能です!(最初と最後に確認が必要)

気になる料金体系はどうなっているのでしょうか?

見積もり

―実際の依頼に関してなんですけれど、利用者としては料金体系がわかりにくいところが不安なポイントでもあります。見積もりで提示される料金は、基本料金や搬出費などが全て含まれた金額なのでしょうか?

ECO侍様:そうですね、基本的に見積もりで提示するのは、全て含めた総額になります。ただ、弊社は電話では見積もりをお出ししていないんですね。

あくまで、「その量だとこれくらいの料金になると思います」といった形です。というのも、回収にかかる料金は回収物や作業する時間、移動距離によって変わってしまうので、電話だけだと正確な見積もりが出せません。

―なるほど。では、現場をみてもらって、見積もりを出してもらうのが良いんですね。

ECO侍様:そうですね。現場を見ないと、回収物の大きさや現場の状況、搬出の仕方などがわからないので。また、ものの基準もお客様と業者側で違います。

お客様が電話口で「大きめのタンスなんですけど」といっても、こちらとしてはどれくらい大きいのか判断がつかないので、正確な見積もりが出せないんですよね。

―ホームページに、このプランだといくら~といった料金を出していますけど、あれもあくまでも「目安」といった形なんですか?

ECO侍様:そうですね。それに、こちらで想定している「トラック一台積み放題」と、お客様が考える積み放題が違うケースもよくあります。トラックには積載量がありますから、積み放題といってもギリギリまで積めるわけではありません。

そういった認識の違いもあるので、こちらが確認しにいってゴミ・不用品の量に応じて最適なプランを提案しています。

―たしかに、トラックにどれだけ積めるかなんて気にしていませんでした。ギリギリまで積んで大丈夫だろうなんて思ってしまいますが、そうではなんですね。

ECO侍様:あとは、不用品の買取ができる場合もあります。電話見積もりでは「これくらいかかるかもしれません」といっても、現地でみたら高価買取できるもので、逆にこちらからお金をお支払いするようなこともありますし。やはり、見て判断しないことには見積もりは出せません。

そのために、弊社では無料で現地見積もりをしています。値段に納得が行かなければ、その場で断っていただいて大丈夫です。

―そうなんですね。じゃあ、電話で事細かに情報を伝えて見積もりをもらうより、ちょっと時間がかかっても現地に来てもらうのが正確ですね。

ECO侍様:はい。ただ、現地見積もりを依頼するにしても、たとえば「一ヶ月先に回収してほしいから、今ちょっと見積もりを出してほしい」みたいなことはおすすめできません。買取の相場などもありますので。

―買取の相場というと?

ECO侍様:買取する際の相場って、品物の在庫状況とかによって変わるんですよ。

回収するものの中に、今なら高価買取できるものがあっても、一ヶ月後には相場が下がっていることもよくあります。そうなると、回収費用は変わってしまいますよね。

―なるほど。先の予定の費用見積もりを出してもらっても、あまり意味がないんですね。

ECO侍様:はい。見積もりの問い合わせをするなら、だいたい回収してほしい日から1~2週間ほど前にするのが良いと思います。ゴミ屋敷や遺品整理なんかは、特に現地見積もりが大事ですね。どれくらいゴミの量があるかによって全く変わりますから。

場合によっては数十万かかることもあるので、事前にきちんと見積もりを確認して、どれくらいかかるか知っておいたほうが良いです。

―ゴミ屋敷だと、やっぱり大きな金額になりますよね。費用感としてはどれくらいを考えておくといいんでしょうか?

ゴミ屋敷

ECO侍様:よく聞かれるんですけど、場合によって大きく変わるんですよね。

たとえば、一人暮らしのワンルームで、日常生活で出たゴミがふわっと足首くらいまで溜まっている。こんな場合は、数万で済みます。でも、長年ゴミをためて、ゴミの上で生活してきたからゴミの山が固く圧縮されている。それが腰くらい、それ以上まで積まれている…なんてケースだと、数十万かかってしまいます。

―そんな状態のゴミ屋敷もあるんですか?

ECO侍様:依頼してくるお客様の中にも、色々なケースがあります。ゴミを貯めすぎて、重なったゴミの下の方が風化して土になっていることもありました。最近では、ゴミ屋敷片付けの依頼をしてくる方の中には、若い人も多い印象です。

でも、若い人も高齢の方も関係なく、自分ではどうにもできないところまできてしまった方がお問い合わせしてくるんですよね。

そこまできたら、とにかく相談してもらったほうがいいです。費用感に応じて、「今日はここだけにしましょう」とか、「大きいものは回収します。こっちは自分でゴミの日に出せるので、出して下さい」という風に提案することもできますから。

―そういった提案もしてもらえるなら、気軽にご相談できますね。そういう親身な対応も、人気の秘密なんですね。

Point

  • 不用品回収・ゴミ屋敷片付けは、「現地見積もり」が基本。見積もりは無料なので、気軽に問い合わせましょう!
  • 見積もりの問い合わせをするなら、回収してほしい日から1~2週間ほど前が目安。

最後に、お得な情報を教えて下さい!

では、最後に利用者の方に知っておいてほしい情報などがあれば、お願いします。

ECO侍様:ECO侍は、家にあるほぼ全てのものに対応できます。行政でやってる粗大ごみ回収と比べてどうか?と考える方が多いんですが、行政の回収は金額が安いです。でも、その分自分の手間がかかるんですよね。

自分で運ばないといけない、予約をとって数週間待たないといけない。行政ではリサイクル家電を捨てられない、なんてことを知らない方もいます。

その点、私達は回収の個数制限もないですし、不用品を外に出してもらう必要もない。場合によっては即日でも対応します。行政の回収よりも費用はかかりますけど、そういう便利なサービスを付加価値として提供しています。

今すぐ助けてほしい!という人は、困ったらとにかく相談してください。

ECO侍の会社概要とサービス・料金プラン

今回ご紹介したように、ECO侍様では、不用品回収、ゴミ屋敷清掃、遺品整理等のサービスを行っています。

それぞれのサービスについて、料金プランをまとめました。依頼を検討している方は、こちらを参考に問い合わせをしてみてくださいね。

不用品回収の料金プラン

ECO侍では、少量のゴミから大量の不用品の処分に対応する豊富なプランが用意されています。

どのプランを選べばよいか分からない場合には、問い合わせの際にECO侍のスタッフに不用品の分量を伝えれば最適なプランを教えてくれます。

おまかせ SSパック 9,800円
大掃除で出たちょっとしたゴミ・不用品の処分に。
トラックを呼ぶほどの分量ではないけれど、自分で片付けるには面倒という場合にぴったり。
軽トラ Sパック 25,800円
押入れ~1K程度の片付けにぴったり。
一人暮らしの引っ越しなどにおすすめです。
1.2~2トン Mパック 48,000円
1K~1DK程度の片付けが目安です。
ファミリーサイズの大型冷蔵庫や洗濯機、大きめのタンスなどを片付けたい方におすすめです。
2.1~2.5トン Lパック 88,000円
2DK~2LDK程度の片付けが目安です。
家族の引っ越しで家具・家電一式を処分したい、遺品整理で複数の部屋を片付ける場合に向いています。
2.5トン~ LLパック 158,000円
2LDK~3DK程度の片付けや、一軒家を丸ごと片付ける際におすすめです。
家族の引っ越しで家具・家電一式を処分したい、ゴミ屋敷になってしまった家から不用品を全て片付けたいという場合にぴったりのお得なプランです。

ゴミ屋敷片付け・遺品整理の料金プラン

ゴミ屋敷片付けや遺品整理は、基本的に現地で見積もりして料金が提示されます。
家の大きさやゴミの量によって料金が大きく変わるため、まずは無料で現地見積もりを依頼しましょう。

会社情報

住所 【東京営業所】
東京都大田区池上4-16-12
【千葉営業所】
千葉県長生郡一ノ宮町一ノ宮2675
営業時間 09:00~20:00
休業日 年末年始
対応作業 不用品回収・買取、ゴミ屋敷片付け、
遺品整理、ハウスクリーニングなど
電話番号 0120-450-162
関連記事
PAGE TOP

関東エリアの不用品回収・ゴミ屋敷掃除業者が見つかる

不用品回収業者ゴミ屋敷清掃業者