不用品回収業者は単品・少量でも回収可能

不用品回収業者の活用法

少量の回収が可能な不用品回収業者を紹介!料金や依頼時の注意点も解説
  • 公開日:
  • 更新日:

自宅に眠っている不用品をまとめて回収してほしいときに便利なのが不用品回収業者の存在です。

不用品回収業者と言えば、一般的に大掃除や引っ越しといった大量にゴミが出るシーンで利用するイメージがありますよね。しかし、1品2品程度の少量の不用品や、自分で片付けるには面倒な資源ごみ・可燃ごみもお得な料金で回収してくれるんです。

今回は、少量からの不用品回収をしてくれるおすすめの不用品回収業者を紹介。また、自治体を利用した場合との違いや注意点なども解説します。

少量の不用品の処分にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

少量処分に対応した不用品回収
業者をすぐにチェック »

単品・少量のゴミの処分に回収業者を使うメリット

少量の不用品を処分するには、下記の2つの方法があります。

  • 不用品回収業者を利用する
  • 自治体の粗大ゴミ回収サービス・持ち込みサービスを利用する

少量の不用品を簡単に処分するには自治体を利用するのが良いのではと思うかもしれません。

しかし、仕事が忙しかったり手続きが面倒くさかったりと、なかなか処分するタイミングがつかめない方も多いのではないでしょうか。

そんな時に便利なのが不用品回収業者。自分は何もしなくても、電話一本で回収にきてくれます。

まずは、少量の不用品回収を業者に依頼するメリットについて詳しく見ていきましょう。

自宅まで引き取りに来てくれる

不用品回収業者が依頼を受けると、自宅まで訪問して不用品の搬出・回収を行うことになります。

自分では搬出できない大きな粗大ゴミがある、車の運転ができず自力で指定の回収施設に持ち込むことができないなどの場合、自宅まで引き取りに来てもらえるのは大きなメリットでしょう。

ほとんどの不用品回収業者は1点からの少量回収にも対応しており、少量の依頼であってもきちんと自宅まで取りに来てくれるので安心です。

自治体で回収できないものも回収可能

特に家電や家具を処分する際には、各自治体で行っている格安の粗大ゴミの回収サービスも利用することが可能です。

1つ2つ程度の少量の処分なら自治体の粗大ゴミ回収を利用した方が安いケースもありますが、実は自治体ではリサイクル家電など一部の家電について回収を行っていません

自治体で回収を行っていない粗大ゴミは、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機(乾燥機)などのリサイクル家電や、パソコンが挙げられます。これらの家電製品は家電量販店へ回収を依頼しなければいけません。

一方、不用品回収業者なら上記の家電製品も全てを1度に回収してもらえるので、処分の手間を省くことが可能です。

価値のあるものは買取をしてくれる

不用品回収業者の中には、不用品の回収だけでなく買取も行っているところが多数あります。

買取が可能かどうかは品物によるため必ず買い取ってもらえるとは限りませんが、年式の新しい家電やデザイン家具などは買取してもらえる可能性が高いです。少量であっても廃品とせず不用品回収業者に査定しもらうのがおすすめです。

買取金額は回収費用と相殺されるため、実質の費用負担を抑えることにもつながります。買取金額が高ければ、回収費用を支払うどころか買取料金を受け取れることも。

このような買取サービスは自治体では無いので、不用品回収業者を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

少ないゴミでも自治体で処分する場合は手間がかかる

リサイクル家電以外の家電や家具を処分する場合は、自治体の粗大ゴミ回収・持ち込みサービスを利用するのも1つの方法です。

しかし、自治体へ不用品回収を依頼する場合は、以下の作業を自分で行う必要があります。

  1. 自治体へ粗大ゴミ回収の申し込み(回収日は1~2週間後)
  2. コンビニ・スーパーなどで品目ごとに決まった必要額のシール購入
  3. 処分する家具にシールを貼る
  4. 指定の日時に粗大ゴミを搬出

持ち込みの場合には、下記の手順になります。

  1. 持ち込みを受け付けている地域の指定施設へ持ち込み予約
  2. 指定日に自分で粗大ゴミを持ち込む
  3. 施設に本人確認ができる書類を見せる(運転免許など)
  4. 品目ごとに決まった手数料を支払う

自治体の不用品回収は少量だと料金が安い反面、回収してもらえる日程を予約する必要がある上、たいてい1~2週間ほど待たなければいけません。急な引っ越しや遺品整理など即日対応を希望するようなケースでは不便なところがあるでしょう。

また、処分場へ持ち込む場合も予約が必要で、車への搬出などは自分で行う必要がります。たとえ少量と言っても、女性や高齢の方などには負担が大きい作業です。

その点、不用品回収業者なら分別・梱包・搬出などを一括で対応してくれ、最短即日で回収してくれます。自治体よりも料金が高いとはいえ、少量の場合でも業者に依頼するメリットは大きいと言えます。

不用品回収業者に依頼する際の料金と注意点

ここからは、不用品回収業者に単品・少量の不用品回収を依頼した場合の料金相場や注意点を見ていきましょう。

単品回収時の料金相場

不用品回収業者に1品ごとに回収を依頼した際の料金相場は下記の通りです。

品目 料金
ソファー(大型) 2,000円~5,000円
ベッド 3,000円~5,000円
タンス 2,000円~5,000円
液晶テレビ 2,500円~4,000円
冷蔵庫 3,000円~5,000円
洗濯機 3,000円~6,000円
電子レンジ 500~1,500円
掃除機 500~2,500円
衣装ケース 500~1,000円
布団 1,000円~1,500円

少量の場合には単品で回収を依頼するのがおすすめですが、不用品の数が多い場合にはトラック積み放題などのパックプランがおすすめです。

また家電・家具だけではなく、部屋の片付けで出た資源ごみや可燃ごみなどの回収も不用品回収業者に依頼することが可能。引っ越し等で自治体の回収日を待たずに即日で片付けてほしい、ゴミ袋の量が多く自分で外に持っていくのが面倒などの場合にぴったりです。

不用品回収業者によっては、少量のゴミ回収に適した「SSパック」などのプランを用意しているところがあります。ちょっとした片付け・引っ越し時に出た少量の不用品の処分に利用してみてください。

オプション料金に注意

不用品回収業者に依頼すると、処分料金以外に「回収基本料金」「出張料金」「階段料金」などの費用がかかる場合があります

例えば、基本料金を2,000円としている不用品回収業者の場合、品目ごとの処分料金に加えて、基本料金2,000円が請求されます。ベッド1台の回収料金が5,000円だった場合は、基本料金を加えた7,000円が実際の金額ということです。

また、現地までにかかるガソリン代などで発生する出張料金や、2階以上のフロアにある不用品を階段で1階に下ろす階段料金なども追加費用の扱いです。

このように、不用品回収業者を利用する際は単品の料金以外の費用が上乗せされる可能性がある点に注意しましょう。

追加される料金の種類や金額は業者によって異なり、大抵は見積もりの際に内訳で提示されます。少量の依頼であっても、見積もりの内訳をきちんと確認してどれくらいの費用がかかるか把握することが大切です。

少量でも回収してくれる不用品回収業者紹介

不用品回収業者は大量のゴミが出たときに利用するものというイメージがありますが、実際は少量の依頼でも対応している業者が多いです。

また、大掃除や引っ越しの際にごみ袋に詰め込んだ不用品なども回収してもらうことが可能。ぜひ利用してみてください。

当サイトでは、単品・少量の不用品回収に対応している不用品回収業者を厳選して紹介しています。

口コミ評価が高いおすすめの不用品回収業者をピックアップしているので、業者探しにお困りの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

少量回収に対応した
回収業者はこちら »

関連記事
PAGE TOP

関東エリアの不用品回収・ゴミ屋敷掃除業者が見つかる

不用品回収業者ゴミ屋敷清掃業者