手間のかかる一軒家の遺品整理は業者に依頼するのがおすすめ

遺品整理

一軒家の遺品整理の費用相場は?自力でやる場合・業者に依頼する場合を紹介
  • 公開日:
  • 更新日:

一軒家は賃貸マンションのよりも荷物が多くなりやすいため、遺品整理に膨大な時間がかかることが多いです。

実家が地方だったり、仕事が忙しかったりすると、親族だけで一軒家遺品整理をするのが難しいケースもあるでしょう。こうした場合は、遺品整理のプロに依頼する方法がおすすめです。

今回は、一軒家遺品整理に関する情報を紹介します。

親族だけで遺品整理をする場合の料金相場とプロの業者の料金相場を比較できます。一軒家遺品整理を業者に依頼するメリット・デメリットも併せてチェックしていきましょう。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 一軒家の遺品整理に頭を悩ませている人
  • 自力で一軒家を片付ける場合の料金相場が知りたい人
  • 一軒家の遺品整理をプロの業者に任せた場合の費用が気になる人

【費用相場】自分たちで一軒家の遺品整理をする場合

親族だけで一軒家遺品整理をすると、ほとんどお金はかかりません。

用意するのは段ボールやビニール紐、ゴミ袋などだけですみます。実家にあるかもしれませんが、ペンや掃除用具も持参しておくと安心です。

その他、粗大ゴミの処分費用がかかる程度です。

一軒家の大きさや不要品・ゴミの量にもよりますが、自分たちで遺品整理をすれば数千円単位の費用になるでしょう。

【費用相場】業者に一軒家の整理作業を依頼する場合

プロの業者に一軒家遺品整理を依頼すると、17~50万円程度の費用が必要になります(3LDKの場合)。

賃貸マンションやアパートのように部屋の数が少なかったり、狭かったりすると料金をもう少し安く抑えられます。

部屋の間取り別に、遺品整理業者の料金相場をまとめると次の表の通りです。

遺品整理をする部屋の大きさ平均価格
1R/1K3~8万円
1DK/2K5~12万円
1LDK/2DK/3K7万円~25万円
2LDK/3DK/4K12~40万円
3LDK/4DK17~50万円

一軒家は荷物の量が多い傾向にあるので、料金が高くなりやすいです。遺品整理業者に依頼する前に費用負担についてよく検討する必要があると言えるでしょう。

遺品整理を業者に任せるメリット・デメリット

親族だけでも遺品整理はできますが、料金を支払ってプロの業者に作業を依頼するとどのよなメリットがあるのでしょうか。デメリットと比較しながら、チェックしていきましょう。

メリット

まずは、一軒家遺品整理をプロの業者に依頼するメリットをチェックします。

自分たちで作業するよりもすぐに終わる

一軒家遺品整理を親族だけでやろうとすると、たくさんの時間がかかります。実家が遠方だと数日に分けて作業しなければいけないケースもあるでしょう。

しかし、プロの遺品整理業者に作業を依頼すれば、半日~1日で完了することがほとんどです。相続手続きの期限が迫っている場合でも、業者のサービスを利用すれば十分対応できるので安心です。

慣れない作業に頭を悩ませなくていい

一軒家の片付けをする人の多くは遺品整理業に携わっていない限り、作業に慣れていません。そのため、一軒家から出てきた遺品を1つ1つ確認して、相続手続きに必要かどうか判断する必要があります。

遺品整理作業を熟知しているプロの業者のサービスを利用すれば、不慣れな作業の連続にストレスを感じずにすみます。

仕事や家事などの予定を調整しなくていい

一軒家遺品整理作業をするとなると、比較的まとまった時間が必要になります。

そのため、親族で予定を調整して、その日程に合わせて仕事や家事のスケジュールを変更しなければいけません。

しかし、遺品整理業者一軒家の整理・処分を依頼すれば、最低限の立ち合いと確認だけですみます。わざわざ仕事を休んだり、子供の預け先を探したりする必要がありません。

リサイクル買取りをしてもらえる

遺品整理業者の中には、一軒家にある家具や家電のリサイクル買取りに対応してくれる会社があります。

買取り金額によっては一軒家遺品整理にかかる費用を安くできるので、費用が気になる親族にとって大きなメリットと言えるでしょう。

遺品整理をする一軒家に比較的新しい家具や家電がある場合は、買取りリサイクルに対応したプロの業者を探すことをおすすめします。

デメリット

続いて、一軒家遺品整理をプロの業者に依頼する場合のデメリットも見ておきましょう。

自分たちで作業した方が料金が安い

遺品整理にできるだけお金をかけたくないなら、親族で作業することをおすすめします。

親族が亡くなると葬儀や住まいの建て替えなどでお金がかかるので、費用負担はできるだけ少なくする方がいいでしょう。

自分たちで一軒家遺品整理をすると、プロの業者に頼むよりも時間がかかります。しかし、相続手続きの期限に余裕があって人手の確保ができるなら、一軒家だからと言って遺品整理業者を利用する必要はないでしょう。

業者の利用をよく思わない親族もいる

一軒家遺品整理を自分たちでやるとなると、なかなかの時間と体力が必要です。

遺品整理業者に依頼すれば一軒家でも1日あれば作業が完了することがほとんどですが、親族の中には業者の立ち入りをよく思わない人もいます。

こうした場合は次のような対処方法を取ると、問題が解決するかもしれません。

  • 自分たちで遺品整理をする場合の時間と費用について話す
  • 業者の料金の支払い者を明確にする
  • 遺品整理業者のサービスを部分的に利用する(不用品の処分だけなど)

悪徳業者がいる

残念ながら一軒家やアパートなどの遺品整理をする業者の中には、悪徳なサービスを提供する会社があります。

例えば、一軒家から金銭を盗んだり、見積もり書に記載されていない高額な料金を請求したりなどのトラブルが実際に発生しています。

こうした被害に遭わないためにも、遺品整理業者の中には悪徳業者がいることを頭に入れておくことが大切です。

悪徳な遺品整理業者を避けるコツ

一軒家遺品整理をプロの業者に依頼する場合は、悪徳な会社をしっかり見極めることが大切です。

例えば、遺品整理業者のサイトにアクセスしたり、見積もり書の内容に目を通したりして他の会社と比較する方法があります。

遺品整理業者のサイトに目を通す・他社と比較する

一軒家遺品整理を依頼する業者の目星が付いたら、その会社のサイトをしっかりチェックしましょう。

「業者の正式名称や住所が記載されているか」「相場料金と極端な差はないか」「料金プランに不自然な点はないか」などを確認することをおすすめします。

できれば、複数社の遺品整理業者のサイトと比較しましょう。悪徳業者を見分けられるのはもちろん、自分たちに合ったサービスを見つけやすくなります。

見積もり書に詳細な料金が記載されているか確認する

正当な遺品整理業者であれば事前に一軒家に来て無料で見積もりをしてくれます。さらに、具体的な金額が記載された見積もり書を作成してくれます。

手渡された見積もり書の最終金額だけを確認するのではなく、費用項目の内容まで目を通すことが大切です。

少しでも曖昧な価格表示やよく分からない料金が含まれている場合は、その場で遺品整理業者に尋ねてみましょう。

遺品整理士がいる業者に作業を依頼する

悪徳業者ではない正当な遺品整理業者には、遺品整理士という資格を持つ人が在籍していることがほとんどです。

遺品整理業者のホームページや口コミなどで会社の良し悪しが判断できない場合は、遺品整理士資格の有無を確認するのがおすすめです。

なお、遺品整理士資格がある業者は、ホームページやチラシなどにその旨を記載しています。もし、記載されていない場合は、一軒家の遺品整理作業を頼む前に電話やメールなどで業者に直接確認してみましょう。

まとめ

今回は、一軒家遺品整理にかかる費用相場やプロの業者を利用するメリット・デメリットを解説しました。大切なポイントをまとめると、次の通りです。

  • 一軒家の遺品整理を自分たちですると膨大な時間がかかる
  • 一軒家の遺品整理でもプロなら1日で終わることがほとんど
  • 悪質な遺品整理業者を見極める必要がある

今回紹介した内容を元に、一軒家遺品整理作業を依頼するプロの業者を探してみましょう。

関連記事