お金がない時でもゴミ屋敷を片付けたい!清掃方法を解説

ゴミ屋敷にならないために

お金がないけどゴミ屋敷を片付けられる?片付け方法や業者の費用相場を解説
  • 公開日:
  • 更新日:

近年話題のごみ屋敷。ずっとゴミ屋敷状態の空き家から、帰省したら実家が突然ごみだらけになっていることもあるようです。

お金がないときは自力でなんとかしたいものですが、とても大変です。そこで今回は、お金がない時にゴミ屋敷を自力で片付ける方法から業者に依頼したときの料金相場や、お金がないからこそ知りたいお得な利用方法など詳しく解説していきます。

お金がないけどゴミを片付けたい!自力でゴミ屋敷を片付けられる?

お金がないときはなるべく自力でゴミ屋敷の片付けをしてしまいたいと思いますが、実際できるものなのでしょうか。

ここでは、お金がないときのゴミ屋敷の片付けを自力で行える目安や行うポイント、効率的な方法をご紹介します。

お金がない時に自力でやるためのゴミ屋敷片付けの目安

お金がない状況でもゴミ屋敷を片付けるのに自力でできるレベルなのか、業者に依頼するレベルなのか判断は絶対に必要です。

業者に依頼するレベルのものを自力でやろうとしても中々終わらず、途中で断念してしまうことになります。自力で行える判断基準としては以下のものが挙げられます。

  • 家が3DKほどまでの広さ
  • キッチン・風呂場の水回りが機能している
  • 家の中で生活できるスペースがある

あまりに広いと時間がかかりすぎてモチベーションが持ちません。また、清掃を行うためには水回りの機能は必須です。そして生活できないような、天井まで達しているようなごみの量も素人がやるには難しいでしょう。

ゴミ屋敷を片付けるための準備

スケジュールと人数

お金がない時に自力でやる場合、まずネックとなるのが人手です。ゴミ屋敷の規模にもよりますが最低でも3人以上、2日以上は必要です。

もちろん、人手は女性ではなく男性がベストです。1人で片付けることや1日で終わらせることはほぼ不可能と考えましょう。

道具の準備

ゴミ屋敷の片付けはお金がない状況でも以下の道具は最低限準備する必要があります。必要に応じて、事前に購入しておきましょう。

  • マスク
  • 軍手
  • 作業着orエプロン
  • 害虫駆除剤
  • 大量のごみ袋
  • ガムテープや紐などの梱包資材
  • 清掃に必要な掃除用具
  • 荷物がたくさん載るバンやトラック

ごみの分別方法・回収日・ごみ処理センターの確認

ほとんどの自治体で通常回収は指定のごみ袋料金を除き無料ですが、回収日が決められているためすぐに処分ができません。

その場合はごみ処理センターへ直接持ち込む方法もあります。運び出すことが可能な場合は、ゴミ処理センターの方がすぐに処分することができ、大量に指定ごみ袋を購入する必要がなく処理料金も安いため、お金がないときでも安心して利用できます。

ゴミ屋敷を片付ける手順

1.ゴミ屋敷内の害虫駆除

ゴミ屋敷はコバエやゴキブリなど害虫の巣窟になっているため、片付けを行う前日に家全体の駆除ができる燻煙タイプの駆除剤を使用し、駆除しておきましょう。

お金がないからとこれを怠ってしまうと、片付けの時に害虫が邪魔になり作業が進まなくなってしまいます。

2.明らかなごみの処分

ゴミ屋敷の片付けは、まずペットボトルや缶、食品トレー、紙類など明らかにごみと分かるものを先に片付けていきます。この時に捨てるかどうか迷ったものは放置で問題ありません。

なお、この時に燻煙タイプの駆除剤でも生き残った害虫が出てくることが多いため、あらかじめスプレータイプの駆除剤も購入しておき、常に携帯しておくようにしましょう。

3.残ったものの仕分け

基本的には生活に必要な最低限のものや家具・家電と貴重品以外は処分で考えます。

お金がないといつか使うかもしれないものをもったいないと取って置きがちですが、今後使う可能性はほとんど考え処分します。ポイントはいつか使うかではなく、今必要かどうかです。

また、思い出の品などは全て取っておくのではなく、整理して収納しきれるように量を決めて残すようにします。

4.ごみの搬出・清掃

ごみをまとめたらトラックなどに積み込み、搬出します。その後、生活できるよう家の中を念入りに清掃をします。

ゴミ屋敷の場合、汚れのひどい場合が多いため、ホームセンターなどで強力な洗剤を購入しておくことをおすすめします。この時点でしっかりと掃除しておかないと、せっかく駆除した害虫もまた寄ってきてしまう原因になります。

あまりにも汚れがひどく手に負えない場合は、お金がない状況でも清掃作業はハウスクリーニング業者に依頼する方が後々のメンテナンスを考えると安く済む場合もあります。

ゴミ屋敷片付けを業者に依頼した場合の費用相場は?

テレビやブログ記事などで度々紹介されている、「株式会社まごのて」に代表されるような業者にゴミ屋敷の片付けを依頼した場合の費用を紹介します。

間取りと目安の費用相場は以下の通りです。

間取り費用相場
1K~1DK・2K30,000~90,000円
1LDK・2DK90,000~140,000円
2LDK・3DK140,000~180,000円
3LDK・4DK180,000~210,000円
4LDK~1210,000円~

上記の相場はあくまで目安であり、ゴミ屋敷から出る不用品や廃棄物の量によって費用が大きく変わってきます。

また、会社によって費用が大きく違うことも多いため、お金がないときは特に複数の業者で必ず見積りをとり比較するようにしましょう。また、お金がない時は削れるところがないか見るため、ゴミ屋敷の片づけや清掃の内容など細かい点もチェックするようにしましょう。

なるべく費用を抑えて依頼する方法

場合によっては100万円を超す費用がかかってしまうゴミ屋敷の片付けですが、お金がないからこそ知りたい、その費用を抑える方法を紹介します。

お金がないからこそ業者の作業を減らす

お金がない時はまず業者の作業で減らせることがないかを考えます。

業者にゴミ屋敷片付けを依頼する際に全てお願いするのではなく片付ける部屋を指定することで、人件費が抑えられるため費用の削減が期待できます。

また、マンションなどは、搬出作業のため人員が多く設定されていることが多いため、搬出作業を手伝うことで料金の値引きができる場合もあります。

お金がない時は清掃を自分で行う

ゴミ屋敷片付けで一番大変なのは片付けと廃棄物の処分までで、清掃だけなら人を集めずに自力で何とか頑張れるものです。

お金がないから自力で何とかしたいけど人を集められない場合は、ゴミ屋敷の片付けのみ業者に依頼し、清掃は自力でやるようにしてみましょう。

そうすることで清掃料金を無くすことができます。尚、汚れのひどい場合が多いため、業者に清掃を依頼しない場合は事前にホームセンターなどで強力な洗剤などを購入しておくようにしましょう。

少量であれば引越業者に依頼してみる

引っ越しに伴う自宅のゴミ屋敷片付けの場合、一人暮らし程度の少量に限られますが、お金がない時は引越業者を利用するのも一つの手です。

自力でやる部分が多くなり、条件もありますが、片付けや不用品の処分を行ってくれる引越業者もあります。また、引越しと同時にできるため、近所にゴミ屋敷の片付けと分かりにくく、恥ずかしい思いをせずに済みます。

リサイクルできるものは売却する

お金がないからこそ、未使用であったり、状態のいい家具や家電は事前ににリサイクルショップなどで売却しておきましょう。

また、遺品整理のようにゴミ屋敷片付けにプラスして不用品の買取も行っている業者もあるため、事前にチェックしましょう。

お金がない時こそ自治体の救済を利用する

業者に依頼する前に自治体に相談することでゴミ屋敷片付けの費用を支給してもらえる場合があります。

本当にお金がない生活保護受給者が主な対象にはなりますが、一定の条件を満たせば自治体からゴミ屋敷片付けの費用を支給してもらえます。また、条件を満たしていなくても住環境の改善という名目で支給してもらえる自治体もあるようです。

分割払いを利用する

お金がないだけなら分割払いも検討してみましょう。業者の中にはゴミ屋敷片付け費用の分割払いに対応しているところもあります。

実際に費用が減るわけではありませんが、まとまったお金がないときでも利用することができるようになり、すぐに片付けてほしいときはとても便利です。

まとめ:お金がない場合でも対策可能!

お金がないときにゴミ屋敷の片付けをしなくてはならない場合、自力でやらなければと考える方も多いと思いますが、終わらずに断念してしまうケースが非常に多く、現実的な方法とはいえません。

しかし、業者に頼むと高額になってしまうのではと躊躇ってしまっていては、結局進展せずにゴミ屋敷のままになってしまいます。

お金がない時は、複数社に見積りを依頼したり、今回の記事で紹介した方法を利用し費用を抑えることで、業者に依頼するハードルはぐんと下げられるはずです。お金がない時でもゴミ屋敷片付けをできるように今回の内容をぜひ活用してもらえればと思います。

関連記事